FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
 息子の卒業式が終了しました。最近は入学式にも卒業式にも夫婦で出かける方が多いようで、昔とは違うなという印象を持っていました。

 卒業式そのものは、呼名があり、卒業証書を受け取るだけですが、私も以前は何回か担任として呼名する機会がありました。予行の時は全員を呼ぶことはないので、全員を呼ぶのは本番1回だけ。

 その時のために名簿をきちんと作るわけですが、漢字で書いておくと、緊張してしまったとき読み間違えが生じます。そこで漢字の横に一人一人フリガナを振ります。

 幸いに私はこれまでミスしたことはありませんが、たまたまフリガナの転記ミスがあって、呼名を間違えるという先生も過去にはいました。

 また間違えるだけでなく、緊張の余り、一人飛ばして呼んでしまったり、同じ子を2回呼んだり、泣き崩れて呼名が出来なかったりと、いろいろなハプニングも経験しています。

 実際の呼名は一人一人名前を呼びますが、この呼ぶタイミングも結構難しいものです。一人を呼んで、その子が立ち上がるなり返事をするなりを確認してから次に移ればいいのですが、そんなことお構いなしにどんどん読み上げる先生もいて、これは生徒の方が慌てます。

 「凄いなあ」と感心するのは、名簿を見ずに生徒の顔を一人一人見ながら呼名する先生です。これは呼ばれる側も視線を感じますので、感動すると思います。

 まあ卒業式は、保護者の方は椅子に座って聞いているだけですから、「まあこんなもんだろう」と思っている方が多いと思いますが、数週間前からの段取りの決定、司会の言葉、生徒の入退場の練習、送辞答辞の指導、さらに前日の椅子並べや会場整備等、1年の中でも最も重々しい行事かもしれません。

 今回は保護者の立場でしたが、そういった裏の苦労を知っているだけに、滞りなく終わってほっとしました。帰り道、一応これで最低限の子育て義務は終えたんだろうなと思い、妻の入院騒ぎ以降の6年間が無事終わったんだという感慨を持ちました。

 これで高校との関わりは終了。次は大学だ。と思って先日息子宛に送られてきた資料を見せてもらったのですが、なんと今時の大学には「父母会」があるということでびっくり。

 さらに最近の大学の入学式は、学生はスーツで参加すると聞いてさらにびっくり。どおりで最近やけに紳士服のダイレクトメールがよく来るなと思っていました。

 今回卒業式と大学通学のために実は靴を1足買ったのですが、さらに場合によってはスーツの購入も必要かと考え、まだまだ子育てのための資金援助が必要なんだなと感じました。
 
 私の時代はどうだったかなあと記憶を探っているのですが、そもそも入学式にすら出た記憶がありません。その頃からお気楽学生だったのかなと苦笑しています。
関連記事
2013/03/02 14:23 子育て TB(-) CM(2)
コメント
おめでとうございます
おめでとうございます。
大学は自宅通学ですか?うらやましいです。
我が家は、下宿でしたので、合格と同時に新生活の為の準備、更に後期合格でしたので3月末の1週間は仕事との掛け持ちで目の回るような日々でした。
学費は予め用意していましたが、引っ越し費用はかなりかかりました。
スーツは揃えましたが、昨年、母の葬儀の際、喪服も購入しました。帰省費用も毎回かかり、自宅通学の方は本当に羨ましい。
新しい一歩、楽しみですね。


2013/03/02 20:48 コマコ URL [ 編集 ]
Re: おめでとうございます
 ありがとうございます。とりあえず4月からの動きが確定してほっとしています。幸いにとりあえず
自宅通学になりそうなので、経済的には助かります。スーツは場合によっては私のものでも良いかなと
本人も言っていますが、息子の方がやせているのでウエストが心配。

 とはいうものの入学式以降は就職時期まで着る機会はないと思うので、もったいいないなあと
思います。確かに喪服も今後必要になるかもしれませんね。いろいろな意味で一人前の大人にちかづいた
ということでしょうか。

 私も学生時代一人暮らしをしましたが、その時の経験が今も生きています。自宅通学は経済的に
助かりますが、一人ぐらしでいろいろな経験をすることも大事かなとは思っています。ただ確かに
引越等は費用の面でも大変だろうなと感じます。

2013/03/03 09:02 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。