FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>
 年度ごとに収入と支出を考えてシミュレーションを行うというのは大変面倒な方法で、テレビの取材でもこの点について、実際に私が作成しているシミュレーションの表を使って説明したのですが、リポーターの方も数字の羅列に目を丸くするだけで、なかなか内容まで分かってもらえなかったようです。

 その様子を見て、「なるほど、自分がやっていることは当たり前だと思っていたけど、普通はここまで考えないのかもしれないな」と取材の途中で気がつきました。その意味では総収入と総支出を比較する方が分かりやすいと思います。

 というわけであらためてじっくりとこのブログを使ってシミュレーションの方法を説明し直しています。先ず考えなくてはいけないことは、自分自身の退職時の預貯金額の把握です。

 これは基本的に普段通帳で出し入れをしているお金の他にどんな預貯金があるかと言うことを調べないと、出発時点での資産が把握できません。これらの項目は預貯金の他に退職金、投資信託や場合によっては株式等も含みます。私はわずかですが投資信託やミニ株を持っていますが、これらの額は購入額で資産として計算しています。

 そうやって算出した早期退職時の預貯金の総額を仮に1000万とします。(そんなに現金はないという方もいるかもしれませんが、これには退職金も含まれています。もし住宅ローンの残債があって、それに充当する場合はその分を引き算する必要があります)

 次に、早期退職になったと年の資産は1000万ですが、この後の収入をどうするか予想しなくてはなりません。昨日の場合はパート収入を100万としましたが、これを何年続けるかも考えなくてはいけません。

 例えば早期退職の年齢が55歳で、預貯金は1000万。その後10年間100万ずつパートの収入を得たら、と言うのが昨日のシミュレーションの例ですが、これだと9年で家計は破綻するという結果が出てしまいました。

 しかしそれはそれとして65歳からは公的年金が受給できますから、この受給額を仮に250万とすれば、いったんは赤字に転落しても、その間を借金でもなんでもして凌げば、その先は黒字化することが予想できます。
年齢収入支出残金
551000200800
56800+100=900200700
57700+100=800200600
58600+100=700200500
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
63100+100=200200
64100200-100
65250200-50
66250200
6725020050

 つまり一時期100万円の借金を背負うことになりますが、そこをなんとか凌げばその後は家計が黒字に転換する、という嬉しい予測が出来るわけです。

 私はこういった表をコンピューターのエクセルという表計算ソフトを使って行っていますが、これを使うと、じゃあ支出を毎年10万ずつ減らせば、赤字幅もかなり減少する、だからもう少し節約した方が良さそうだという発想にもなります。
関連記事
2013/02/16 09:00 将来設計 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。