FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
 一昨日、昨日とセンター試験が行われ、我が家の息子も受験をしてきました。受験会場が通学している高校の近くに設定されたため、普段から1時間程度かけて通学している息子は、さらに受験会場が遠くなり、両日とも行きは私が受験会場まで30分ぐらいの所にある最寄り駅まで車で送っていきました。

 ただ受験会場は遠くなったものの、同じ学校の生徒が一緒に受験できるため、その意味では大きな緊張はなかったようで、相応の実力が出せたかなと思っています。

 ただ今年は、息子の友人のよく勉強している子に言わせると、過去問とは傾向の違う問題がいろいろ出たようで、難しかったと感じる受験生が多かったようです。

 今日はセンターリサーチ言って、センターを受験した生徒が学校に得点を連絡し、それを学校がまとめて塾に送り、数日中に塾が結果を分析。志望校の合格率とかを送ってくれることになっています。

 これまで私は進路指導部にいて生徒に対して、直前にセンター試験受験上の注意なんてのをずいぶんやってきましたが、やはり生徒にやるのと、自分の息子が受験するのでは、関心の度合いも異なりますね。

 今まで一生懸命やって来たつもりですが、本当にその生徒の進路や、その生徒を育てて来た保護者の立場に立って進路指導が出来ていたのかなと振り返ってみると、残念ながらやはり他人事だ、という認識が若干あったかのように思え、今は気持ちの中で少し反省しています。

 そういった反省と共に、あらためてこのセンター試験の制度を見てみると、例えば例年と問題傾向が変われば平均点は下がるはずですが、受験生の自分の点数も下がるでしょうから、平均点が下がったということを知るまで、精神的なプレッシャーは相当大きいだろうなと感じます。

 またセンターの結果だけで決まる私立大学も増え、もちろん一般受験もあるものの、そういった受験を受ければ受けるほど受験費用も嵩むという現状があれば、必然的にセンターに頼らざるを得ない家庭も多いのかなと思います。

 ということは、受験生にとってはほぼ一発勝負の大学受験が増えたということになり、センターの問題がたまたま自分に合っていたとか合わなかったとかで、まさに悲喜こもごもだなと感じました。

 いずれにしても、受験生を抱えている家庭では、これから約一ヶ月半ぐらい喜んだり落ち込んだりという状況が続くのかなと思えますが、良かったら喜んで、悪かったら気持ちを切り替える、と言うのが、我が家の息子も含めて必要だろうなと感じています。

 なお、親の立場になって初めて、生徒の親の気持ちが少しずつ分かることもあります。もしそうゆう気持ちを、持ち続けられるなら、「体罰」等の問題も、もう少し減るのかなと思えます。

 他人の親が育てている子どもに対して手を上げる、ということがどのような意味を持つのか。自分の子どもが何の落ち度もないのに、路上で突然誰かに暴行されたら、と考える余裕を教員が持つことが出来れば体罰はもっと減るだろうなあと思います。

関連記事
2013/01/21 14:03 教育問題 TB(-) CM(2)
コメント
センター試験が終わって・・
先日に息子の高校の担任の先生から、本人に電話があり、
先生:「改めて聞くが、センター試験は受験しないんだね?」
息子:「はい。受験しません。」
先生:「わかった。」
息子:「すみません。」

息子本人もこのセンター試験の2日間は、親(私)に10月には受験料を納めてもらってが受験できなかった・・申し訳ない・・と、思っているのか? ほぼ引きこもり状態で、私も声を掛けていません。

本当は、私も息子にいっぱい言いたいのですよ。
「大学受験しないなら、これから卒業後、バイト・フリーターでずっと働いていくのか?何かしたいことはないのか?興味があれば専門学校なら、今からでも間にあうぞ。就職活動するなら新調したスーツと、靴も買ってあげるから・・」などなど。
言いたいことは沢山、山のようにあるのですが、今は卒業までは何も言わずにじっとこらえています。(医師と妻に固く病気が治るまでは、言わないように逆効果になると、言われていますので・・)

高校は1月は授業がなく、2月からは他の受験組生徒が一斉に私立大学受験に入ります。
今日も所要で郵便局に行くと、母親さんが「●●大学・センター試験利用受験」の封筒で受験料を納めてるのを傍目で、順当ならうちもこうなるはず?だったのに・・と、さすがにガックリと肩を落としてトボトボと暗い気持ちで帰宅しました。

貴殿も息子さんの受験、これからまだ次々とあるでしょうが、ぜひ現役第一志望合格、できると良いですね!
2013/01/21 19:16 マッキー URL [ 編集 ]
Re: センター試験が終わって・・
 対応が凄く難しいなと感じています。担任の先生ももったいないなと思われたのだと思いますが
説得をしなかったということは、このケースの対応は難しいと感じられているからかもしれません。

 息子さんは部屋にいて何をされているのでしょうか?テレビ、ゲーム、寝ている、ボーットしている
自分の好きな趣味(絵を描くとか)、読書、音楽、勉強、1日中部屋で何もしないということは
あり得ないような気もするのですが・・・・。食事は一緒にされているのでしょうか。

 転機がいつどのような形で訪れるのかは私には想像もつきませんが、確かに時間が解決してくれる
部分もあるかもしれません。それまでは心配でしょうがないと思いますが。

 ただもしかしてマッキーさんが、「お前は本来こうあるべきだ」という内心の気持ちを、息子さんに
何も言わなくても、雰囲気として押しつける(言葉が過激ですいません)感覚があると、それを
プレッシャーと感じているかもしれません。

 文章上で私が勝手に判断していることですから、気に触る部分もあるかもしれません。お許し下さい。
ただ一般的に親の期待が強すぎると、その期待に答えられない自分を意識したとき、何も出来なくなって
しまうということは起こりえます。思春期でちょうど自立の時期と受験時期が重なるので、いろいろと
いらだちがあるのかもしれません。
2013/01/22 10:50 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。