FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
 どうしても理解できないことがあります。それは政府と日銀がタッグを組んで、物価を1年に2%上昇させる方法です。土曜日の毎日新聞8面に『日銀「無制限緩和」議論へ』という記事が出ていました。この内容に寄れば、物価を上げるために

① お金を使う人たちが近いうちに物価が上昇すると予測する「インフレ期待」を高める 
② 企業の投資や個人消費の拡大につなげたい

という、何だかよく分からない一種のムード作りを行った上で

① 無制限緩和
② 付利(ふり)の撤廃

を行うことにより

① (国債)残高を(減らさずに)維持する
② 価格変動の大きい「リスク性資産」の購入拡大についても検討 
③ 超過準備預金につく金利である「付利」を現在の0・1%から0%に引き下げる

ということだそうです。しかし私の凡庸な経済音痴の頭では、借金はなるべく返済せず、リスクの大きい金融商品を購入し、スズメの涙しかない利息(銀行の利息とは性格が違うようですが)を引き下げる、ことによって物価が上がる、と言っているように思えます。

 経済が活況を呈することは誰もが望んでいると思いますが、先日の調査でもその経済効果による効果は、ほとんどの人が自分自身の賃金が上がることを期待しているわけで、物価が上がることを期待している人はほとんどいません。

 物価が上がることによって賃金が上がる、と考えれば良いのかもしれませんが、現状を見てみると、物価だけが上がって生活はより苦しくなる、企業は儲けたお金をどんどん貯金して資本に組み入れる、としか思えません。

 またほんの少し賃金が増えたとしても、現状の年金不信や自分自身の将来を考えたら、普通の人はその余剰資金を自己年金の資産形成に回すと思われます。

 物価上昇とは、あるものを買いたい人が多数いるから上昇する、と言うのが経済の基本原則であると、その昔高校あたりで学習した記憶があります。

 国がどんどん借金を重ね、銀行がどんどん国債を買い、企業が儲けをどんどん内部留保に回し、年金に対する不信は増加し、社会保障の費用は増大、若い方の人数は減少というような社会で、どうやったら物価が上がるのか?

 法律でこれこれの物価には最低価格を設ける、なんてことをやれば、見かけ上の物価は上昇するかもしれませんが、そんな商品は誰も買いませんから、結局その商品を売っている企業の採算が悪化することになります。

 あえて言うと、これからは物価が上がるから、必要な物は今買わないと手に入らないぞ、という疑心暗鬼になるような言葉を振りまいてムード作りをすれば、当面の上昇は確保できるかもしれませんが、きっとすぐにカラクリが分かってしまうでしょうね。

 本道は、賃金のアップと雇用の確保だと思うのですが、企業側の発想が遅れているように思えます。

関連記事
2013/01/20 10:51 政治 TB(-) CM(2)
コメント
軽減税率がなくなり・・
来年の消費税アップを前提にした、「軽減税率」が先送りされました。
自公政権は、先の民主党が提案していた通り、低所得者層への負担軽減は、現金給付(・・といっても少額のみ)になりそうです。

世の奥様方は、これを「困るわぁ。せめて食品だけはこのままにしておいて欲しかったのに・・」と、思われてますます財布の紐が固くなるでしょう。
公共料金(電気・ガス・水道など)も、一律にアップするのですから、家計の収入が増えないと、これまでの生活費ではやりくりできない→貯金を崩す→蓄えが減っていく・・と、パターンが多くなっていくのではないか?と、思います。(→我が家も含めてですが・・)

話題を変えて教育も面ですね。
私塾は、本当に高いです。
塾に通わせる裕福な家庭と、難しいそうでない家庭の教育格差(できる子はどんどんできる。できない子はますますでいなくなる)が拡大します。

一部、ボランティアで生活保護家庭や低所得家庭の子供達(小・中学生メイン)を、大学生達が勉強を教えてくれる格安のNPO法人があるのを、新聞で見ました。
こういう記事を見ると、なぜかホっとした気分になれます。。

2013/01/21 09:25 マッキー URL [ 編集 ]
Re: 軽減税率がなくなり・・
 数日前の新聞では、公明党が主張する軽減税率を自民党が受け入れるような論調でしたので、少し安心していたのですが、駄目になったんですね。知りませんでした。(今ヤフーニュースで確認しました)

 代わりの対策は・・・、調べてみると1人あたり1万円の給付?どんな算出根拠なのか?単にきりが良いし、このぐらい上げておけば文句は言わないだろう、みたいな感じでしょうか?

 それで物価を2%上げる?考えていることが不可解です。

 さて、もう1点の私塾ですが、私も関心を持っています。来年度の仕事をどうするかと言う部分で、まあ今の状態でも生活できそうな目処がついてきたので、それだったらボランティアか低価格の勉強小屋みたいなものが作れないかと、多少なりとも真面目に考えているのですが、どこから手をつけて良いやら。

 非常勤講師の申し込み締め切りも近づき、気持ちが焦っています。
 
2013/01/21 13:37 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。