FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
 我が家にとって、息子が大学に入学できたとして、最初の2年間の最低限の生活費は210万であり、私が望んでいる旅行等も含めた豊かな暮らし?を実現するためには300万ぐらい必要なことが昨日の結論です。

 しかし息子の大学生活後半の2年は、これに国民年金の支払い義務が生じますので、年間の支出額が約18万増えることになります。

 そこまでなんとか家計を維持していれば、その先の理想的な展開は息子が就職となりますから、家計の負担は一気に減ります。どのくらい減るかというのは現段階で予想しにくいのですが、一緒に生活をした場合はそれほど減らないものの、逆に食事代を援助してもらえる可能性もあり、別の生活の場合は私だけですから、生活費は40万ぐらい減って260万ぐらいになる可能性があります。

 一方私はと言えば、今はまだ「旅行に行くぞ」と気合いが入っていますから、当面の支出は、収入を無視すれば300万が2年間続き、その後の2年間は息子の国民年金保険料が18万増えるので、年間の支出が318万になります。

 では私は何歳ぐらいまで旅行に行こう、という気力を持ち続けることが出来るのか?現段階ではまったく分からないのですが、厚労省等で自立して生活できる寿命(健康寿命)というのを算出していて、これが男性は71歳前後のようです。(算出方法によって若干誤差があります)

 これを元にすれば、今から11年は旅行に行けそうだ、ということになります。またその後は、海外はしんどいかもしれないけれど、国内ぐらいは5年間ぐらい行けそうな気もします。

 以上の支出をまとめると、以下のようになりますが、ここには医療費が含まれていません。単純に体が弱っていくけども医者はほとんど必要ないという理想的なシミュレーションです。

 ただこうやって考えてみると、年齢と共に必要額は減っていくことがよく分かります。つまりある程度の年金をもらっている人は、最初は苦しいけれど、やがて収支はトントンになるか、場合によっては黒字になりそうです。
年齢年間支出額合計額
60~61300600
62~63318636
64~702601820
71~752101050
76~80?170850
 
 こんな流れを頭に入れながら、次に昨日書いたように、実際にもらえる(公的年金額)+(非常勤講師等の収入)+(自己年金)+(副収入)の収入総額を考えていけば、将来的に家計が持ちこたえるかどうかが分かります。

 なおこの簡単なシミュレーションでは、医療費が抜けていることはもちろんですが、それ以外に例えば車の買い換え費用や自宅のリフォーム等、大きな額の出費は含まれていませんから、それをいつ頃やるのかということも問題になってきます。
関連記事
2013/01/15 10:43 将来設計 TB(-) CM(4)
コメント
近い
こんにちは。

家族構成、年齢、生活費の支出計算が近いと感じています。
大変参考になり、自分の試算表と照らし合わせて頭をひねっています。

有難いです。
2013/01/15 22:38 TARO URL [ 編集 ]
Re: 近い
TAROさん、こんにちは、コメントありがとうございます。

家族構成や年齢が似ていて、節約等に気をつけているとだいたい似たような生活費になるのかなと思います。

先を見通したシミュレーション作成は、老後の人生計画に必須だと思っています。ただ最近、阿部政権が次々といろいろなことを言い出しているので、先の見通しがこれまでより少し見えにくくなったなと感じています。
2013/01/16 16:21 maitai60 URL [ 編集 ]
ちなみにうちは・・
うちも、息子には「20歳になったら成人式を終えたら、国民年金の徴収の通知が来るから、働いても払えないなら免除申請を」
と、言っても本人は「はぁ??、そんなん払えるわけないやろ!」と・・
まぁ、本人も役所が通知が来てから大慌てることでしょう。
ちなみに、私はとても肩代わりはできません。
大学生なら、20歳~22歳(卒業・就職するまで)は、立て替える貴殿のような優しい親御さんもおられるのが、普通かもしれませんが、(ちなみにうちの甥・姪は、二人とも有名私立大学卒でしたが、学生の間は「学生特例で猶予」でした。)
うちも、昨年まではもし息子が大学生になったら、その「学生特例」を利用する予定でしたが、それがなくなりましたので・・思案しております。(汗・・)


2013/01/17 09:28 マッキー URL [ 編集 ]
Re: ちなみにうちは・・
 なるほど学生でなければ特例もないんですね。そこまでは考えていませんでした。つまり国の判断としては働ける年齢だから徴収するということですね。

 今改めて猶与、免除について見ていますが、学生の特例猶与も文章をそのまま読めば、後で納付できるということで、そうなると就職後の負担が大きくなると言うことですね。

 もう一つ、若年者納付猶与制度というのもありますね。これはマッキーサンの息子さんは対象になるように思えるのですが、どうでしょうか?

 しかし本当に負担ばかり増えて、国の財政は借金まみれ、そんな中で物価だけが上がるなんて事があるわけないだろう、と段々思うようになってきました。 
2013/01/17 10:04 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。