FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
 年初から、強力な金融緩和を推し進めるという阿部政権の方針を反映して円安になり株高基調になっていますが、これが順調に進むと年2%の物価高も進むことになります。

 物価が上がれば、それを購入するために必然的に給料も上がり、その結果経済の歯車が回転し景気が良くなるという考え方もありますし、その前に円安基調により経済が好転すれば株高となり、投資をしていた人の懐が潤うので、その人達が消費行動に走り、これまた景気が良くなるということも考えられます。

 どちらも基本的には成長する国家の経済としては当たり前のことですが、一方で日本は何十年もデフレ経済下にあり、パートやアルバイト、派遣労働と言った雇用形態が当たり前の世の中になっています。

 問題なのは、こういった方々の給料は物価が2%上がったとしても、すぐに給料に反映されない、ということです。今ですら中小零細企業は、会社の形態をなんとか維持しようと四苦八苦しているはずで、そういった環境で経済が好転してきた場合、最初に経営者が考えるのは会社の債務を減らすことであり、その次に来るべき好景気に備えて設備投資を増やすことだと思います。

 経済が活況を呈するための当たり前のステップだと思いますが、実際には企業が体質を改善するためには時間が必要ですから、その間そこで働く労働者の方の賃金は上がらないということになりそうです。

 ということは、物価は上がっても給料は上がらないという厳しい状況が何年間か続くことになり、生活が厳しいなと思って苦労している方は、ますます辛い生活を強いられる可能性もあるわけです。

 テレビのニュースでは、元小泉首相が「改革には痛みを伴う」と叫んでいる姿が放映されていますが、急激な円安、急激な物価高は、低所得者層に大きな痛みを与える可能性が大きいと思います。

 とはいうものの、ではこのままデフレ経済が続けばいいのか、と言うことになると、日本国としての将来を考えると、借金だけが増え続けるように思い、その先には不況より始末の悪い国家の破綻という恐ろしい現実も控えているような気がします。

 となれば一時的に大きな痛みを伴うものの、成長戦略が描ける国家像にしないといけないということなのかもしれません。

 しかしこれから年金をもらって暮らそうとか、60歳から65歳までの年金空白期間をどうやって乗り切ろうと考えている世代からすると、現状よりさらに厳しい世界が来ることは間違いなさそうです。

 個人的には、避けられない荒波であるならば、正面切ってぶつかるか、何とか回避するか、どこか手薄な部分を見つけてすり抜けるかの選択肢しかないような気もしますが、個人として正面からぶつかるには(例えば起業)、年齢的に余りに厳しい。

 かといって回避する(海外移住?)のも、これまで調べてきたようになかなか難しい部分があります。とするとなんとかうまくすり抜ける方法しかないわけで、それは結局支出の見直しと、本来の仕事とは別の副収入を考えざるを得ないだろうなと思っています。

関連記事
2013/01/06 10:05 将来設計 TB(-) CM(2)
コメント
インフレはきつい・・
貴殿のおっしゃる通り、私のような低所得者にとっては消費税アップ、物価上昇は、まさに生活苦がジワジワと真綿で首を絞められるような・・そんな感じがします。

先日の貴殿のコメントで「嘆くばかりでは現状の打破は、できない」とありました。
確かに私は妻の義父母からも、「あなたは悲観的すぎる!」と同様なことを言われます。
しかし、この卑屈な貧乏性格は治りません。

すみません。
「また、ネゲティブ思考になっているな」と思って、私の愚痴を軽く流していただければ幸いです。
2013/01/07 15:14 マッキー URL [ 編集 ]
Re: インフレはきつい・・
 私は自分の体力について、つい悲観的な見方をしてしまいます。風邪をひけば肺炎になりそうだとか
動悸を感じると心筋梗塞ではないか、ちょっと胃が痛いとノロウイルスかと、その先の症状を悪化を
予想して、慌ててネットで病気の症状や対策について調べたりしています。しかし幸いなことに、
目下の所深刻な入院というような事態になったことは一度もありません。悲観的な見方は、言葉を換えれば
慎重な考えであると私は思っていますので、そんなに体調が心配なら健康についていろいろ調べようと
考え、それをこれとは違うブログでまとめています。

 経済の問題も同じではないでしょうか。悲観的な見方をするということは、現状では厳しいかもしれない
と言う予測があるからだと思います。問題はその予測に対してどのような行動をとるか、ということだと
思います。

 私も早期退職当時、このままでは・・・という予測をしていましたが、一時期赤字になっても長期的に
見れば維持できる方策を考え、実行しようと思い今の生活形態に落ち着いています。

 現状を悲観しながら、現状に甘んじているという姿勢は、結局は現状でもどうにかなるという考えが
根底にあると思われても仕方がないと思います。そして今の日本社会はたしかによほどのことがない限り
「どうにかなる」ような社会制度が整備されているのだと思います。

 偉そうなことを書いてすいません。ただ一家の大黒柱が常に悲観的に将来を考えていると、それは家族にも
伝染すると思うので(私が辛いときは息子も辛そうでしたので)あえて書かせていただきました。
2013/01/08 08:13 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。