FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 空港で行きに預けたコートを返却してもらうのを忘れるという、前代未聞の情けない失敗をしながらも、なんとか無事家に到着。コートは後日宅配便で送付とのことで、機内で飲んだ美味しい紹興酒の影響かと反省しています。

 さて帰宅し、現実の生活に戻り、朝から洗濯や掃除を大忙しでこなし、ようやく落ち着いた思いでパソコンの前に座っています。

 昨日の記事を読み返してみると、誤字が多く読みにくい文章になっていたので、先ずはそれを修正しました。修正しながら、やっぱり息子の時代には年金は期待できないなあという思いを強くしていますが、この気持ちは年齢的に若くなるほど強くなると思います。

 ただ若い方達は、将来の年金の事まで予想して働いている人は少ないと思います。昨日成田からの帰りは池袋から最寄り駅まで東武東上線を使ったのですが、その中で20代と思われる崩れた感じの先輩と後輩の若者の会話が印象的でした。

 「おまえ、今いくら持ってる?」「今日は電車賃だけでもうすべて使い切りました」「じゃあちょっと貸してやろうか?」「じゃあ3万ぐらい」「え~そんなに。利息つけるぞ」「また借りる当てがあるから大丈夫っす」

 この辺りまでが聞こえてきて、「おいおい、こいつらは借金に借金を重ねて、本当にこの先大丈夫なんだろうな」とつい聞き耳を立ててしまいます。

 すると、続いてもう一人が「今からその金で飲みに行きましょう。ある人を誘うと、その人の奥さんが酒好きで、奥さんが出てくれば飲み代もただになるはず」なんて事をいって、他人(友人?)の奥さんの金を当てにしている。

 さらにさらに、ず~っと聞いている方もどうかと思いますが、私のすぐ横で、しかも周りに多数の乗客が入るのに平気で「金余ったら、クラブ行きましょう。良い子がいますから」なんて話しています。

 昔の江戸っ子は「宵越しの金はもたねえ」と息巻いていたという話は聞いたことがありますが、それの現代版でしょうか?さりげなく服装を見ると、きちんとネクタイをしめていますが、手持ちの薄っぺらいビジネスカバンを床に放りだすように投げ出している様子は、私がかつて教えていたい底辺校の悪ガキがそのまままともな躾を受けずに育った様子に見えました。

 真面目な若者達の中の一部だとは思いますが、「あ~あ、こんな若者で大丈夫かなあ」「この子達は1年先の未来も予想してないだろうな」「ましてや、自分の老後なんて考え筈もなく、年金保険料も未納なんだろうなあ」と感じました。

 そうなると大多数の真面目に働いている若者も、「いくら保険料を納めても結局自分には・・・」という疑心暗鬼に陥るのは間違いないと思うので、その意味でも年金破綻はますます近づくと言うことになりそうです。

 ちなみに昨日の記事で、厚生年金の残額は100兆円としましたが、国民年金や共済年金の残額はよく分かりませんでした。そこでネットで検索したところ、平成21年度の年度末積立金の額を厚労省が発表していました。

 それによると、平成21年度は厚生年金の残額が約120兆円。前年比4.7兆円の減少。国民年金は約8.2兆円で2100億円の減少。共済年金は約52兆円で8000億円の減少という事のようです。

 細かな数字をいじくってもしょうがないのですが、今後も毎年積立金額は減少していくことは間違いなさそうです。解決策は経済発展だと阿部政権は考えているようですが、そのために借金を重ねるとなると、本当にそれで大丈夫かと疑いは尽きません。
関連記事
2012/12/29 10:25 年金 TB(-) CM(1)
コメント
若者の未来は暗い・・
海外旅行、お疲れ様でした。!

今日の朝日新聞のトップは、「働き盛り・社内失業」と出ています。
パナソニックやシャープ・NECなど大手電気メーカーなどで、いわゆる「リストラ部屋」に押し込み、今までは大体50代の正社員の方々が「肩たたき」のターゲットにされていましたが、今回の大赤字で、それが働き盛りの30代~40代の正社員の方々にも、早期退職希望募集されている。つい最近まで安定していた大企業でさえ雇用を支えきれなくなり、せっかく就職氷河期を勝ち抜いて正社員の座をつかんだ30代~40代にまで人減らしが及ぶ・・

こうなってくると、昔なくなった私の父が私がまだ学生の頃(もう25年以上前)に言っていた「いい大学・いい会社(役所)に入れば、終身雇用で生活安定」というのが、いかに崩れてきているな・・という実感があります。

余談ですが、私の大学時代の友人もシャープの子会社に今も在籍しているのか?、もう辞めたのか?、迷いましたが一応は毎年の年賀状だけは出しました。

かくいう私も、実は来年3月末でオーナー会社が大赤字で下請けにいる、設備会社・警備会社・清掃会社を大幅にコストダウンを見直す(切る)というウワサが、11月くらいから広まっていて、そうなると友人の心配どころか、自分のクビすら心配で、暗くて鬱になりそうなんですが、せめて正月3日休みくらいは、そういうのを頭から除外して過ごしたいと、思う次第です。。


2012/12/31 10:35 マッキー URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。