FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 バンコクの夕方です。先ほどホテルに帰ってきて、ちょっと休憩。バンコクの町歩きは、やたら歩く距離が長くなるような気がします。冬の日本から行くと、こちらは30度ぐらいなので、体の方も対応がしにくいみたいです。

 午前中に、バンコクの西側を流れているチャオプラヤーという大きな川に行き、船に乗ってきました。行ったことのない船着き場で降りて、リバーサイドの景色を眺めてのんびりしてきました。

 11時頃着いたのですが、観光客はほとんどいないみたいで、船着き場のすぐ横にあったレストランとおぼしき所に入っていくと、おばさんが出てきたので「飲み物飲めますか?」と聞くと「OK」ということで、日陰の場所に陣取り、先ずは川を眺めてビール。

 持参した本を広げてゆっくり読書。オープンレストランなので、風が気持ちいいです。その後お昼になったので今度はチャーハンを注文。これを食べて帰ってきました。この料金がビールとあわせて日本円で約400円。

 リバーサイドと言うことで、それでも若干高いような気もしますが、円安になったとはいえ、まだまだ円の価値は大きくて驚きです。

 30分の船代も片道が40円。交通機関の運賃はタクシー初乗りが90円ぐらい?電車は30円前後、ということで移動にお金がかかりません。

 というわけで、すむところさえあれば、1日1000円もあれば暮らしていけそうです。住居の方はアパートを一ヶ月単位で借りると、当然場所や広さにも思いますが、月5万だせば、なんとか住めそうな場所を探すことが可能かもしれません。

 というわけで月10万もあれば暮らせるので、老後はタイで年金暮らし、というような話題の本が出ているわけです。

 しかし以前入った飲み屋さんのおばちゃんは日本からの移住者みたいでしたが、こちらにはこちらの観光客には分からない難しさや気苦労があると言っていました。

 そういったことは、実際に住んでいて始めて分かるのであって、その場では具体的にどんなことなのかまで教えてもらうことは出来ませんでした。

 私は最初にハワイに行くようになって、老後はハワイで暮らせたらと思ったこともあり、一時期生活費用等をいろいろ計算したこともありますが、どう考えても不可能だし、現地ですることもない事が徐々に分かってきて、ハワイは観光が一番と思うようになっています。

 同様にバンコクやもう少し季候の良いチェンマイ方面はどうかと考えた事もありますが、結局現地で何をするかと言うことが問題であり、特にバンコクは言葉の壁も大きいなと感じます。

 やはりこれまで通り小金を貯めて、観光客として出かけて、それを旅行記としてまとめ、それによってネットで若干の副収入を得る、というのが一番理にかなっているような気がします。
関連記事
2012/12/25 19:37 老後 TB(-) CM(2)
コメント
老後の生活はどこで・・
先日、NHKのドキュメンタリーでフィリピンで老後生活を送られている方々の生活が、ありました。

60歳前後で退職金を叩いて、日本の家も土地も売り、フィリピンに移住。
当初は物価も安くて衣食住にかけるコストも安く、すごく快適だったようです。
ですが健康だった時はそれで良かったのですが、以外な落とし穴が・・
いざ、病気になると治療費や入院とかになると、フィリピンでは日本のような「国民皆保険」の制度がないので、医療費は全額自己負担。
重い病気にかかると、あっとゆう間に蓄えはなくなり、少ない年金だけでは生活できず、かといってもう日本には戻るに戻れない「難民」のようになっている老人・高齢者の方々のレポートでした・・

これを見ていて、海外での老後生活は余程のリスクを覚悟していかないと、大変な目に合うな・・と思った次第です。。



2012/12/26 16:08 マッキー URL [ 編集 ]
Re: 老後の生活はどこで・・
 たぶんそうゆう方もいるだろうなと感じます。単なる「安い!」という謳い文句だけで移住してしまうと、思いも寄らないことが起きたときの対応が大変です。

 移住前に10回以上その場所に行き、一ヶ月以上のロングスティを経験して、それから果たしていろいろなリスクを予想して考えないといけないと思うのですが、移住を世話する団体もあるようで、そこでの言葉をそのまま信じると大変な事になると言うことです。

 移住は生活費が第一条件になりますが、老後の場合はやはり医療、周囲とのコミュニケーション、移住の目的が重要な要件だと思います。

 その意味では日本国内の田舎に引っ越した方が良いのかもしれません。(病院が近くにあることが条件ですが)
2012/12/27 19:48 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。