FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
 自民党政権が誕生し、早速日銀との交渉で「物価目標導入へ」という見出しが今日の新聞第一面にデカデカと出ています。

 これまで民主党政権下で、かたくなに日銀の独立性を主張していた白川総裁が、突如阿部政権の意向に沿うようなメッセージを出したことにちょっと驚かされました。

 そうしないと日銀総裁の身分が危ない、と言う危険性を感じたのでしょうか?よく分かりません。

 ただもしこの金融緩和と物価目標2%が軌道に乗ったとすると、年金世帯や低所得者には間違いなくしわ寄せが来ると思います。つまり物価は上がるが年金も給料も増えない、という悪循環です。

 また変動金利で住宅ローン等を借りている人は、今後金利がどんどん上昇する可能性が出てきましたので、本当に物価や金利が上がるのかどうかを見極めた上で、早めに繰り上げ償還をして金利負担を下げた方がいいのかもしれません。

 それにしても、物価というのは「需要と供給の関係で決まる」というのが大原則であって、それを無理矢理目標値を決めて上げることが出来るのか、という疑問を強く感じます。

 つまり物価を上げる方法論がまったく分からないと言うことです。新聞では家電製品の価格が下落している中で物価を2%上げようとしたら、食料品などの生活必需品が2桁の上昇にならないと目標は達成できないと書かれています。

 家電製品の物価下落は容認しておいて、食料品の価格だけを上げるということをどうやってやるのか?今日500円で買えた肉や刺身が、突然550円になったら、たぶん我が家は肉や刺身は買わずに安い卵や豆腐、野菜を買うことになると思います。

 ということは値上げした物は売れないと言うことであり、それを避けるために企業は値段を下げざるを得ません。ひじょうに単純な事だと思うのですが、それをどうやって上げるのか?

 いくつかの記事を読むと、結局は賃金の上昇という保証がないと消費者はより高額の物を買おうという気にはなれないと言うことがネックになるようです。

 その意味では、パートやフリーター、派遣制度を見直して正社員化する法整備と、働けば賃金は上昇するという期待感がないと、単なるかけ声だけで終わってしまうような気がします。

 しかしそれとて少子高齢化社会においては一時しのぎにしかならないのではないかと思えます。つまり人口が減れば必要な物も減るわけですから、需要は今後すべての物質について減っていくわけで、そうなったらデフレ脱却はますます難しくなるはずです。

 総選挙前に私は子どもの人口を増やす政策を考えないとと書きましたが、その考えは間違っていないなと改めて感じています。
関連記事
2012/12/21 10:13 政治 TB(-) CM(2)
コメント
物価上昇率2%?
確かに私のような低所得者や、年金で細々と何とか生活されているお年寄りの方々には、実際に物価上昇率2%になれば、苦しい生活がさらに厳しくなってくる・・と、思われます。

その前に、まず私の住んでいる近畿地方は、関西電力が敦賀原発停止の影響で、いよいよ「4月からの家庭用電気料金を11%アップ」という、このままではそういうことになりそうです。(泣)

よく雑誌とかの家計マネー相談のコーナーで、FP(ファイナンシャル・プランナー)も言っていましたが、「これからは固定費用削減のうち、光熱費節約も難しくなってくることもあるでしょう」と、書いてありました。

そうなってくると、やはり日々の食費や携帯電話などの通信費を更に削減ということになれば、通信費はともかくも僕ら大人の食い分は減らしても、子供の食費を減らすというのは、本当にかわいそうな気持ちです。

今の日本の経済状態では若い、これから結婚していこうという20代~30代の方も、果たして子供を作るべきか否かという選択に悩む・・ことと思います。

何か今日もまた悲観的な話題ばかりで、すみません。
2012/12/21 18:13 マッキー URL [ 編集 ]
Re: 物価上昇率2%?
 予算はどこかから工面しないと今の国の支出を維持できないことは明白です。普通はそれをたくさんお金を持っている方からもらう(税金)というようにすべきかと思いますが、これは日本のみならず、やはりお金をたくさん持っている人ほど権力も持っていることが多く、その方達が政治を行えば、基本的には庶民にしわ寄せがいく、ということなんだろうなと思っています。

 また大きな組織(例えば電力会社)になればなるほど、組織を守ろうという気持ちが強くなり、そのために多少自分の組織以外にしわ寄せがいってもしょうがない、と考える傾向もあるような気がします。

 自民党はすでに国を動かしているような気配で次々といろいろなことに口を出し始めていますので、その内容に注意しながら、生活防衛をしないといけないなと思っています。
2012/12/22 09:29 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。