FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
 今日の毎日新聞1面の見出しでは「子育て 社会か家庭か」というものでした。子育てを担う主体はどこにあるのか、というのがテーマの記事です。

 今回の選挙で私は「子育て」や日本全体の「人口増」をどのように成し遂げるか、というテーマを個人的な投票の目安にしているのですが、これまでは原発やTPP、領土と言った問題の裏側に隠れていました。

 今日の記事でようやく少し注目され始めたのかなと言うきがしましたので、少し腰を落ち着けて記事の内容をじっくり読んでみました。

 記事の内容で、これから誰もが考えなくてはいけない問題点として

① 働いている女性に子どもが出来たとき、育児に専念すべきか、子どもは保育園に預けて働くべきか、というお母さんやその家庭の問題

② 預けるべき保育園が足りない、という問題

③ 経済的に問題がなければ、家庭で子育てをした方がよい、という(男社会?の)建前論。逆に言えば家計が苦しいので働かざるを得ないという現状

④ 育休制度が充実してないという現状

⑤ 3歳までは親と一緒に過ごしたほうがよいという「3歳児神話」の存在(記事では否定されています)

 どの項目についてもそれぞれ派生的な問題が絡み、根底にそれを支える国家的な予算がない、さらに経済状況が悪く家庭の収支が厳しいという、解決しにくい問題もあり、さらにややこしいことになっているなと感じます。

 しかし子育てというのは、母親に対して国が、家で育てろとか働きながら育てろ、と言うようなこと強制するのも変な気がします。国は国民が臨む形の制度を整備するのが仕事であって、国の方針を押しつけるのは本末転倒です。

 つまり働きたい人のために保育所を完備する。子育てをしたい人のために経済的支援を完備する。どちらもきちんと制度的に整備する。選択はお任せします。と言うのが理想的な姿であるような気もします。

 ただしそれでも今後日本国の人口がプラスに転じるのか?という一番根本の問題は解決しないような気もします。上記のような理想的な仕組みができたとして、「よしそれじゃあ子どもをいっぱい生んで育てようか」と思う人は、少しは増えると思いますが、現状の若者を見ていると(中高年の醒めた目線かもしれませんが)、「子育てなんか面倒だ。スマホやゲームで一生気楽に遊んで暮らせれば充分」と考えるような若者も多いような気もします。

 日本人の生物としての根源的欲求が減少しているのでは、とすら思うことがあります。ただし経済環境が良くなれば、子どもはもう一人ぐらい欲しいなと感じている若い方もいるとは思いますので、そうゆう方に手厚い補償が出来るような制度が出来れば良いなと思います。

 その意味では、お金では解決できない部分もありますが、以前民主党が唱え、今は未来の党が主張しているような現金給付は、多少なりとも支援材料にはなるのかなと思えますが、背景になる予算をどうするんだ、と言うのが問題だと感じます。
関連記事
2012/12/09 10:23 子育て TB(-) CM(2)
コメント
子供が増えない・・減る一方
こんな経済状況だと、若い方々はたとえ「結婚」までいけたとしても、その後のライフプランを考えて「やはり子供はよくて一人か?」という家庭も、当然ありだと思います。

それでなくても、雑誌や新聞などで「子供一人育てるのに、最低でも1000万円かかる!」なんて、言われたら誰でも「出産」を躊躇するでしょうね・・

それで子供が増えない。→高齢者を支える現役世代の負担が増える。→年金が減る。・・では、「何か未来は暗いな。。」て、思わずガックリと下を向いてしますでしょう。。

よく、テレビで「貧乏大家族一家、子供10人」なんて放送されていますが、何か微妙な感じで見ていたりします。。(汗)
2012/12/09 18:18 マッキー URL [ 編集 ]
Re: 子供が増えない・・減る一方
 みんなの党が、以前の民主党案を再びマニフェストに入れているようですが、財源をどうするのかというのが問題だと思います。

 財源が確保できるなら、一人目は月1万、二人目は2万、三人目は3万というように子供が増えれば増えるほど補助金が増える制度を作る方が良いのかなという気もします。

 ブログにも書きましたが、高齢者も年金減額に備えて、少なくとも80歳ぐらいまでは持ちこたえられるような資金計画や自助努力が必要な時代になったんだなと思えます。

 一方若い方達は、もっと切実ですね。下手をすると、払い込んだ割にはほとんどもらえないという現象が起きそうですから、そういったことが起きないように選挙で候補者を見極めないといけないのだと思います。
2012/12/10 13:09 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。