FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 笹子トンネルの崩落事故は痛ましいですね。原因は天井に固定してあるボルトの老朽化が疑われているようですが、50年も経っているボルトの固定部分の安全性を、目で見ただけで判断していた、と言うのでは今後はおちおちトンネルを走っていられません。

 場所も甲州市で東京から山梨、信州、更には名古屋方面に行くのに便利ですから、私自身もすでに30回以上利用している場所です。

 本当にたまたま運が悪かったといってしまえばそれまでですが、そういった老朽化している高速道路やトンネルが全国至る所にあると聞くと、ドライブ旅行も命がけになってしまいます。

 私はハワイ旅行で成田空港に車で行くこともあるのですが、首都高の高架を走っていて渋滞になると、道路が大きなトラックの震動で揺れているのがよく分かり、その状態で地震が来たらどうなるんだろうか、といつも思っています。

 その意味では、50年前ぐらいから始まった高度成長期に作られた建設物のほとんどは老朽化しているわけですから、今後は全国のすべての建築物を再点検する必要があるのかもしれません。

 人間と同じで40年、50年経ったものはきちんと整備をし直して、新たに作り直すぐらいの覚悟が必要なような気もします。これは原発も同様です。

 すでに40年経っている原発が全国にあるわけで、もともと建設当時は寿命は30年と言われていたわけですから、老朽化している物は単純に有無を言わせず廃炉にする、という大きな決断が必要だと思っています。

 結局半世紀という年月は、人間社会においてはやはり長すぎるのかなとも思えます。日本という国が少子高齢化社会に変わりつつあるように、建造物も50年以上の古い物が徐々に増えて、不況により新しい物の建設が減りつつあるという状態は、まさに建設物の少子高齢化です。

 古い物を大事に使うという発想が私は好きですが、それは充分にメンテナンスを行った上で、という条件が付きます。それが出来なければ、今後もこのような突然の痛ましい事故は次々と起こる可能性がありそうです。

 亡くなられた方のご冥福をお祈りしたいと思います。
関連記事
2012/12/03 14:03 最新ニュース TB(-) CM(2)
コメント
古い設備
うちの母の実家のマンションも、築30年以上経っていて老朽化。リフォームも何度かやりメンテナンスはしています。

でも先日に、バスをリフォームしようか何社か見積もりを取って検討しましたが、業者いわく「かなり築年数が経っているので、古い配管までも取り替えると余計に費用がかかります」との事。

結局は、冬は寒いので今お風呂をリフォームしたら4~5日間は
工事でお風呂に入れないので、やるとしても3月~4月以降の春にまた検討しようということに、なりました。。(汗・・)

しかし、事故に合われた方には、お気の毒ですが急にトンネルに入って屋根上から崩れ落ちる。。なんて私は車を持っていませんので何ともいえませんが、車を毎日運転されてトンネルを通る方々は、これからは心配なので怖い!と、思われる方もおられると、思います。。
2012/12/04 19:32 マッキー URL [ 編集 ]
Re: 古い設備
 私の実家でも数か月前に風呂場をリフォームしました。それまではタイル張りの古いタイプでしたが、壁も壊して全面的にリフォーム。ユニットバスが入ったので、見た目もきれいで取り扱いも楽になりました。

 確かに工事は4~5日かかったみたいで、余り出歩かない母親は結構うるさい思いをしたようですが、リフォームしただけのことはあり、段差も減りずいぶん入浴が楽になったようです。

 日本国全体が老朽化してきたということですね。住んでいる人に老人が多くなっただけでなく、建造物も老朽化しているわけです。と言うことはやはり人間同様、一度人間ドックに入るように、すべての施設を再点検した方が良さそうです。
2012/12/05 12:54 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。