FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 一週間ほど前に共済組合からの封筒が届きました。先日ようやく開封してみると、来年4月からもらえる年金の申込書が入っていました。いつ頃来るのかなと思っていましたが、誕生日の二ヶ月ほど前に来るんですね。

 内容を見ると、この申込書を提出しないと年金はもらえないみたいです。勤務年数も平均給与も組合側で分かっているはずですから、簡単な手続で済むのかなと思っていましたが、年金の振り込み口座の確認とか、意外にいろいろ面倒な書類を書かなくてはいけないみたいです。

 じゃあもらえるものはもらわないといけないから早速記入するか、と半分ぐらいまで書いたのですが、その時点で「いつ送れば良いんだ?」という締め切り日に気がついて確認すると、なんと書類は誕生日の後に送って下さいと書かれていてびっくり。いきなり申込期日を間違えてしまいました。

 しょうがないので書きかけの書類を元の封筒に入れ保管。しかし二ヶ月後この封筒を取り出してきちんと記入して提出する、ということを忘れてしまいそうですし、封筒そのものの置き場所も忘れてしまいそうで怖いですね。

 それはそれとして、「そういえばゆうちょ銀行の窓口のポスターで年金振り込み優遇」なんていう文字を見かけた覚えがあるなということを思い出し、「これは少しでも得をするためには、自分が利用している金融機関の振込優遇策を調べた方が良いな」と思えました。

 そこで早速ネットで検索してみると、All Aboutの記事で「年金振込口座、お得な金融機関とは」という記事を発見。読んでみると、要するに優遇策には三種類あるという事です。

 まあ誰もが分かると思うのですが、
① 定期預金等の金利の上乗せ
② 手数料の無料化や各種プレゼント
③ 資産形成の無料相談

といったものです。まあ金融機関とすれば、本人が年金をもらい続けている限り、その口座にお金が自動的に振り込まれるわけですから、場合によっては20年ぐらいの定期預金を獲得したと同じぐらいの利益があるのだと思います。

 そこで次に具体的にどの銀行がどんなサービスをしてくれるのかということを少し調べてみることにしました。するとやはりAll Aboutの記事で「年金自動受け取りで金利優遇や特典ありの倶楽部に加入」という記事を発見。 

 記事を読んでみると・・・・なんと大手銀行では年金受け取りを指定しても、金利優遇はない、と書かれています。地方銀行や信用金庫だけだそうです。

 「う~ん、たいしたことではないけれど、やはり気になるな」と思いつつさらに先を読むと「ゆうちょ銀行」では「ゆうちょ年金定期」という名称の商品があるそうで、これは1年定期預金金利が0.1%上乗せだそうです。

 ということは、通常の金利が現在0.035%ですから、優遇されると0.135%。100万円預けて、1年で350円の利息が1350円になるということですね。かなり微妙な額ですが、何もないよりはマシだなとも思えます。

 もう少し調べてみる必要がありそうです。
関連記事
2012/11/27 09:39 年金 TB(-) CM(2)
コメント
うらやましいです・・
いよいよ「年金、受け取り」ですね。
長年の教師生活勤務、お疲れ様でした。。(*^^)v

ちなみに私は昭和36年生まれなので、通常でしたら「65歳からの年金受取り」になりますので、60歳から年金がもらえる方が金額はどうであれ、うらやましいですよ。。

私の場合は、60歳から金額は少ないですが生保の「個人年金」が出ますので、何とか働けるうち(健康なうち)は、たとえ収入の少なくとも働いて、65歳の公的年金支給になるまでは、生活のためにがんばりたいと、今は思います。(汗・・)
とはいえ、まだどうなるかわかりませんが。。

2012/11/27 18:16 マッキー URL [ 編集 ]
Re: うらやましいです・・
 60歳から何らかの年金をもらえる最期の年代ですから、ありがたく頂戴して有効活用しなくてはいけないわけですが、もともとが早期退職をして連れ合いもいませんから、その額はかなり少ないです。老齢年金も繰り上げてもらって、なんとか息子と一緒の生活費だけは確保できそう、と言うのが実情です。

 実際にはこれに個人年金とネットの副収入が加わりますので、生活そのものは維持していけますが、もしネットの副収入がなかったら辛いだろうなあというのが実感です。

 それにしても57歳での早期退職後様々な面で将来への不安がありました。過ぎてみればあっと言う間ですね。これで年金をもらい始めるとこれまたあっと言う間に息子が大学を卒業し、独り立ち、ということになるのかなと思うと、まだまだ油断は出来ないなと思います。

 私の場合は、たまたま60歳からもらえるわけですが、あと5年間収入がなかったらと思うと、正直なところとてもやってられないなとも感じます。若い方達の辛い気持ちが、現時点で良く分かります。
2012/11/28 14:00 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。