FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 毎日選挙の話題ばっかりになりました。しかしその内容h貧困。相変わらずくっついた、離れたという話ばっかりです。ともかくくっついて大きな組織になればいい、と石原さんは考えているようですが、やはり言葉遣いが乱暴で、およそ大作家とは思えない口調ですね。私の感性とはまったく合いません。

 「太陽の季節」という小説はたしかに面白くて、私は高校から学生時代にかけて3回ぐらい読み直したと思います。たしかラグビーを題材にしていたかなと思いますが、さすがに記憶が薄れています。

 そしてその頃テレビドラマも青春物が流行。およそ高校生とは思えないようなおじさんたちが学生服を着てドタバタをやってハッピーエンド。「これが青春だ!」「飛び出せ青春」とか、タイトルだけは懐かしく思い出します。

 今の方達がよく知っている「金八先生」はその後の時代のドラマですね。その頃私は実際に教壇に立って、現実とドラマの違いをはっきりと思い知らされていましたので、テレビドラマの方はほとんど見ませんでした。

 まあそんなことはどうでもいいことですが、石原さんの考え方は中規模の船を寄せ集めて大船団にしようということで、そのためにはそこら辺をうろついている小規模のボートは、多少蹴散らすことになってもしょうがない、という考えのようです。

 しかし中規模の船といっても、最初はみんなバラバラの方向に航海していたわけで、それを無理矢理、権力や威光、情緒的な雰囲気で「こっちへ行こう」とまとめ上げようとしているわけですから、船はまとまったように見えても、乗組員は最初の目的地を見ているかもしれません。

 またそうゆう船団の動きを陸地から見守っている人は、「ありゃいったい何だ?結局どこに向かっているんだ?」という疑問を持つ人が多いと思います。

 今日のヤフーニュースで、読売新聞から支持率についての記事が掲載されていますが、いわゆるコマコマとした中小政党の支持率は軒並みダウン。特に維新についてはその下降度が大きいですね。太陽の党との連携騒ぎで、維新の鮮烈さを失ったような気がします。

 これまでいくつもの中小政党が出現し、唯一政権交代まで持ち込めたのが民主党でした。(旧社会党もそうかも)しかし有権者は、「急激に成長した政党は心許ないところが多い」と感じているのではないでしょうか。

 その意味では、ある程度伝統のある、また党の政策や方針がはっきりしている政党の方が分かりやすいし、また政策にブレがないでしょうし、信頼もおける、ということになるような気がします。

 というわけで個人的には離合集散を繰り返す政党や、政党を突然抜け出して無所属ならともかく、他の政党から臆面もなく出馬するような方には投票したくないなと思っています。

 毎回毎回選挙の度に「日本経済は曲がり角」とか「これで日本の将来が決まる」というキャッチフレーズが連呼されますが、今回は、現在の国や政治、雇用情勢、年金を取り巻く環境を考えても、いつも以上に大事な選挙であるような気がします。

 もう1点。中小政党の意向もきちんと吸い上げようとするなら、現在の小選挙区制は余り「良い制度ではないなと思えます。中選挙区制に戻すべきだと思います。
関連記事
2012/11/18 10:06 政治 TB(-) CM(2)
コメント
政策がぶれてしまっては・・
「小異は問わず大同に」
という今回の石原氏と橋本氏の合流劇は、野田首相いわく「野合だ」と、なっています。

これからまた、各政党ごとに詳細の政策、マニュフェストが公表されてくると思いますが、よく見て投票する政党を決めたいよ思います。。

2012/11/18 13:44 マッキー URL [ 編集 ]
Re: 政策がぶれてしまっては・・
 政策毎に投票したいですね。原発ならこの政党。年金はこっち。領土問題ならここ。といった具合です。それが出来ないので、結局どんぐりの背比べか、なんとなくという曖昧な選択になりそうです。

 しかしやはり、「国民のために」というより「自らの勢力のために」というニュアンスの合併が多いような気がします。
2012/11/19 14:02 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。