FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 昨日の記事で、今後年金が2.5%減額になりそうだという記事を書きました。ただ実際に日々購入している商品の価格が2.5%下がっているのかどうかと言うことは、庶民の目からはよく分かりません。 

 そう思って2.5%の根拠はいったい何なんだろうと思って調べているのですがよく分かりません。それでも基本的には消費者物価指数のことを言っているのかなとは思います。まあ国がそういっているんだからそうなんだろう、と信じるしかないわけですが、年金の財源が枯渇してくると、実際には物価が上がっていても、指数は下がったという統計的な操作が行われ、受給額を減らす、なんて姑息なことを考える人がいてもおかしくはありません。

 ともかく少子高齢化により、年金の原資がどんどん減っていくという現状は変えられないようですから、あとはあの手この手で原資(収入)を増やし(保険料を上げたり、税金から回したり)、一方で支出額を減らす(受給年齢の繰上や支給額の減額)等をおこなうしかありません。

 というわけで、以前も書きましたが、改めて消費者物価指数というのを見ているのですが、2.5%下がったというのがいつ頃のことなのかよく分かりません。

 ただ私が不安に思っているのは、仮に今後毎年0.5%ぐらいずつ物価が下がったということになり、それに応じて支給額が減らされていくと、今後の生活設計に影響するかもということです。

 例えば現在、月に20万円の年金(すべての年金を足して)を受給している人が、今後20年間、毎年0.5%ずつ減額されたらどのくらい損するのか?(損とは言わないのかも知れませんが)

 エクセルでちょっと計算してみたのですが、20万を20年間もらえれば4800万という大きな数字になります。しかし0.5%ずつ減額されていったら、この値は4579万で221万円減ります。もし1%の減額なら4370万で430万。長い目で見ると、0.5%という数字が如何に大きいかですね。

 ここまで考えて、しかしこれは私のようにこれから年金をもらう人が憂慮すべき事だなと思いましたが、今将来のために年金保険料を支払っている人の立場からすると、さらに納得がいかないことかもしれないなと思いました。

 つまり年金保険料は現在の物価や所得で機械的に計算されてじわじわ増えているのだと思いますが、一方で支給額はデフレが続けば今後もじわじわ減っていくということになるからです。

 保険料は増額、支給年齢は繰上になって支給額は減額、となったらますます保険料を納める人はいなくなります。公務員や大企業の社員さんは、現在強制的に保険料を徴収されていますから、納めないということは出来ないと思いますが、やるせない気持ちが蔓延しそうです。

 一方で自営業や派遣、フリーターといった人たちは、自分で判断して(本当は判断なしで納めないといけないのだと思いますが)保険料を納める事になりますが、当然俺は絶対に払わん、と宣言する人も増えてきそうです。

 しかし日曜日の毎日新聞で野坂昭如さんが書いていましたが、ゴミが大量に出る様な社会にはまだまだ余裕があるのかもしれません。食べかけの食べ物が大量に捨てられている内は、まだまだ豊かな暮らしを維持できているという考え方ですね。
関連記事
2012/11/11 10:56 年金 TB(-) CM(2)
コメント
デフレは・・?
私のような低所得者から見ると、「どうせ消費税がアップするなら、できればデフレがこのまま続いて欲しい・・」というのが、本音です。。
でもこのままでは、悪循環でますますデフレはイカン!国が破綻する!!・・のですよね。

確かにコンビニでは、賞味期限切れの弁当が真夜中にこっそりと業者に引き上げられ、どこかのゴミ処理場に行き場なく捨てられる・・なんて事があるようで、何だかもったいないような感じで、やるせないですね・・
2012/11/11 11:21 マッキー URL [ 編集 ]
Re: デフレは・・?
 考えようによっては、狂乱物価ではないので年金生活者は助かります。かといって極端なデフレでもないので働いている人もまあなんとか生活が維持できるという状態が続いているわけで、微妙な平衡状態を維持しているのかなとも思います。

 これは政府の経済政策と言うより、民間の力や日銀の微妙な舵取りが効を奏しているのかなとも思えます。

 東南アジアの人から見れば、まだまだ日本は浪費国家であり、金持ちの国だという認識だと思います。
2012/11/12 08:46 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。