FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 昨日からの続きですが、60歳以上の高齢者が二人で生活する場合の生活費はいくらぐらいかという数字も出ています。二人と言うことで、先ず食費がほぼ倍の62493円になっています。つまり3万円の増。

 住居費は4000円増えて16240円。光熱水道費は8000円増えて20877円。家具家事用品が4000円増。被服及び履き物が2000円増。保健医療は当然倍増して7000円増。交通通信も倍増で12000円増。教養娯楽は9000円増。その他が23000円増。

 一人の場合もそうですが、どうもこのその他という項目の内容がよく分かりません。しかしそれはそれとして、結果は一人に較べて消費支出が約10万円増で、税・社会保険料の支払いは19000円増となります。

 要するに一人だったら15~16万で済むのが、二入だったら27万ぐらいかかるということで、これに対して年金等の収入は22万弱となり不足分が約53000円ぐらい生じているそうです。

 ということは、月53000なので年間は64万ぐらい。これで10年だと640万、20年だと1280万、30年だと1920万。つまり2000万の貯蓄が必要だということですね。

 これではとても生活できない、という声も聞こえてきそうですが、もし月5万ぐらいのアルバイトやパート、更には副収入等の道があれば、年間60万。これを5年間続ける事が出来れば300万ですから、必要貯蓄額は1700万となります。同様に、もし月10万の収入の道があれば、5年間で600万稼げますので、必要貯蓄額は1400万となります。

 問題はこの5年間に、まだ体力が維持できて、さらに働ける環境をうまく見つけることが出来るかということです。

 私の場合は、教員ですので、現在の職場環境から考えると、希望すれば月5~10万程度の収入の道は確保できますので恵まれているとは思います。

 ただ昨今の教育界の事情を考えると、授業への精神的負担や体力的消耗は昔に較べるとう~んと大きくなっているように感じられますので、今の私の健康状態では厳しいなと感じています。

 また恵まれた環境にあるとはいえ、働ける期限は最長5年だと思いますので、その間に得られる収入は、月10万稼いだとしても最大600万程度かなと思っています。(中にはフルタイム時と同様の勤務をして、もっと一杯もらっている人もいるみたいです)

 一方現在私が試みているアフィリエイト等の収入では、使用している会社が存続し、私自身が様々な情報提供を行い、ある程度のアクセス数が確保できていれば、基本的に定年のようなものはありません。

 従って、こういった副収入の道を、例えば月2万でも確保できれば、年間24万。10年続けて240万。20年で480万。さらにこれだけの長い期間続けることが出来れば収入のさらなるアップも望めます。

 そういった意味では、収入は65歳までと決めつけるのではなく、10年20年先を見据えた、長期的な視野に立った将来計画が必要かなと思っています。
関連記事
2012/10/25 11:43 将来設計 TB(-) CM(2)
コメント
そこが問題ですね・・
確かにお金は、家族が急な病気(重いガンや脳梗塞)になったり、予測しない出費(冠婚葬祭とか・・)、した時に、手持ちにある程度の余裕資金がないと、困ります。。

まぁ、我々日本人はもともと悲観的で、ラテン系の人たちのように、楽天的に
「その日、その日で1日が楽しければ、それでいいさ!」
「ケ・セラ・セラ なるようになる 先の事などわからない どうでもいいさ!」

と、考える国民ではないので、週刊誌に特集「老後はこれだけ必要だ」とか「老後は介護で悲惨」とか、もうそれしか書くことがないのか?というくらい、これでもかと書店にずらりと並んでいますから、私も書店に行くことがありますが、そこの棚だけは、できるだけスルーするようにしています。。(汗・・)
2012/10/26 16:09 マッキー URL [ 編集 ]
Re: そこが問題ですね・・
 不安を煽って商品を買わせようとするのは、商売をする上での基本的な戦略であるような気がします。アフィリエイトで商品を売る場合も、そのような宣伝文句を並べ立てることが多いです。

 一方消費者側、特に日本人の気質は、まだ大丈夫と考えるより、もう駄目だ、と考える人が多いので、ついつい不安になってしまうということのようです。

 そういった意味からも、客観的に統計値等を使って、自分の現状と将来をきちんと把握すれば、多少なりとも不安が解消されるか、さもなければどうすればいいのか考えるきっかけになるなと思っています。

 私は本屋さんでこの手の本をよく立ち読みしますが、どうしてこんな多額の貯蓄をしなければいけないのか、という論理の矛盾をいつも考えようとしています。

 基本的には「豊かな生活を送るために」という美しい言葉で飾り、常に生活費を多めに見積もって計算しているとしか思えません。
2012/10/27 09:22 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。