FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>
 オスプレイが政府の予定通り?地元の強い反対を押し切って沖縄に搬入されました。政府の言い分は「機体の安全性が確認されたことを政府として保証する」ということのようですが、現実に事故が起きている理由については人為的ミスである、という言い方で、人為的ミスは安全性とは関係ない、という訳の分からない論理です。

 たしかに車がどれほど安全でも、運転する人が酒を飲んでいたり、たまたま運転中に心臓発作を起こしたりすれば事故につながるわけで、こういったことも安全性の中に含めるのは考えすぎだとは思います。

 しかし事故を起こそうと思っているわけではなく、通常の飛行任務で真剣に運転操作が行われている機体が事故を起こしているわけですから、普通に考えれば極めて危険な乗り物であるという結論になりそうです。

 ところがそれが分かっていても、アメリカ側にそのことを指摘し拒否することは出来ない、と言うのが現在の日本の政治の基本になっているわけで、そのしわ寄せは結局配備される沖縄に向かうことになります。

 今日はテレビでもオスプレイが市街地上空を飛行している姿を放映していましたが、予想通りかなりの騒音です。事故が起きやすいと聞いていれば、あの騒音を聞く度に、周辺の方々は首をすくめて、機体がどの辺りを飛行しているか気になって仕事にならないような気がします。

 私は沖縄にはこれまで3回ほど行ったことがありますが、残念ながら普天間周辺は通過するだけで訪問したことがありません。その代わり嘉手納基地には行ってきました。

 道の駅「嘉手納」が滑走路の脇の道沿いに立てられていて、その3階建てぐらいの建物の屋上が基地の展望台になっていました。

 私が訪れたとき、ちょうどジェット戦闘機が離陸する時間だったらしく、屋上には愛好家か基地反対派か分かりませんが、20名近い人がカメラを構えていました。

 私も小さなデジカメを持って撮影しましたが、ともかく基地の近くに住んでいる人がいるにも拘わらず、建物の窓枠がビリビリ震えるような ものすごい爆音です。

 観光客なら30分も聞いていれば充分で、「凄いもんだな」という感想を持ちましたが、それが年がら年中、四六時中聞こえていたのではたまらないだろうなとも思いました。

 オスプレイは日本の防衛に絡む重要な機体だと言われれば、「はあ、そうですか。じゃあ配備もやむを得ないですね。あとはいかに現地の人たちを説得するかですが、まあこれはなし崩し的にやるしかないでしょう」なんて言う会話が行われたかどうかは分かりませんが、現実はその通りに進行しているように見えます。

 民主党政権は、またまた内閣改造を行いましたが、これまでやって来たことは、私から見ると矛盾ばかりが目に付き、論理性や一貫性も欠けているなと思わざるを得ません。

 原発は危険だと言いながら大飯を再稼働し、原発は30年代にゼロにする、と言ってしばらくすると、アレは目標だ、と言うことになり、オスプレイは安全性を確認し、地元の理解の上に配備する、と言いながら結局強引に配備を行い、消費増税前に解散すると言うことを臭わせながら、解散せず、やん場ダムは中止と言いながら、直ぐに着工となり、要するにその場で受けの良いことを言ってはその後で否定すると言うことを繰り返しているように思えます。

 まあ党内情勢が固まらないままに政権運営をしているので、常に党内に両極の意見があり、それらすべてを叶えるような言い方をしないと政党そのものが崩壊するという危機感を持っているのだと思いますが、政治は民主党政権を支えるために行うのではなく、国民の暮らしを良くするために行うのが基本です。

 現状では自らの保身ばかり、と解釈されてもしょうがないような政権運営にしか見えません。
関連記事
2012/10/02 10:42 政治 TB(-) CM(2)
コメント
政治には期待しない・・
野田首相は、最初は総理になった時は、「以外としっかりした政治理念を持った人」というイメージが、私にはありました。
ですが、今では「沈みそうな船は、まずはネズミから逃げ出していく」内閣と思います。

うーん・・
今は野田首相本人の腹のうちは、全くわからないです。何を考えているのでしょうか?
「どうせ来年の夏には、総選挙するのだから、解散はできるだけ伸ばしてやれ・・とか。。etc・・」

天国で松下政経塾を私財をかけて創設した、松下幸之助さんは、「こんな人材を塾は輩出したのか?」と、嘆いているかもしれませんね。。



2012/10/03 09:43 マッキー URL [ 編集 ]
Re: 政治には期待しない・・
 確かに野田首相個人は、就任直後の会見を聞いていても、まあ少しは期待できるかなと思っていたのですが、日本という大きな組織の中で、常に陰で偉そうにあれこれ指図する人がいて、結局そういった人たちの意向が徐々に強くなり、本来の自分の意志決定が出来なくなっているような印象を受けます。
 
 領土問題やオスプレイ搬入、原発問題等々、最初は「こうやろう!」と思って始めるものの、外野席があまりにうるさくてやがてそれらの声を無視できなくなり、充分な議論無しに突然「こうしました」となってしまうことが多いように思います。

 そこへもってきて国民がひじょうに紳士的でおとなしいですから、まあ権力側としてはやり放題という印象を受けてしまいます。

 
2012/10/04 09:34 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。