FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
 中央政界では、松下金融相の突然の自殺?と谷垣総裁の総裁選出馬断念、さらに民主党の代表選候補者の乱立、尖閣諸島国有化オスプレイ事故で緊急着陸、なんていく見出しが目に付きます。

 どれもこれも国家としては重要なことなのかなと思えますが、個人的な生活の範疇で考えると、オスプレイを除いて、今の私にはどれもこれもそれほど生活に直接関係ないなとも思えます。

 特に松下金融相の自殺の原因は、もしかすると週刊誌に女性問題が書かれることになったことがきっかけか、なんていうよなニュアンスの記事を見ると、「なんだか、虚しいなあ」という気がします。

 一方谷垣総裁が出馬を辞退した背景は?とか民主党の候補乱立についていろいろとコメントや解説記事も出ていますが、個々人の考え方や政策について分析した記事は皆無です。

 自民党も民主党も推薦人が何人集まるかという派閥の力関係で立候補が決まり、その人が国政で何をやりたいの
か、どのような国を目指しているのかということはまったく分かりません。国民はそれぞれの候補者の顔を眺めているだけで、まったく蚊帳の外です。

 尖閣諸島も、当初は地権者は国に売るつもりはないと言っていたのに、突如国が購入することが決まり、裏に政治的判断がいろいろと介在することが推定できますが、詳細は明らかにされないのだと思います。

 オスプレイは、事故が起きても相変わらず機体に問題はなく操作上のミスだという一言で、すべての問題を片付けようとしていますが、人為上の操作ミスが起こりやすい機体であるとは政府は言いません。

 すべてが自分の生活とはまったく異なる次元で行われているようで、結局「何だか分からないところでいろいろなことが勝手に進められているんだな」という気持ちだけが先行します。

 今日の新聞で唯一「おっこれは!」と思ったのは、最低賃金749円という見出しでした。これは昨年より12円増えた値だそうですが、仮に750円として8時間働けば1日6000円です。

 一ヶ月25日働いたとしても、6000×25=150000円。新聞にも、この水準では生活保護の受給水準を下回っている場合があると書かれていますが、生活保護の場合は住宅費や医療費も補てんされるようなので、現に何も資産がない人は、明らかに働くより生活保護の方がお金をたくさんもらえます。

 もちろん高齢者で働くことが出来ない人がいることも事実ですが、母子家庭で最低賃金で働き、教育費を出し、国民年金保険料を払い、国民健康保険料を払い、住宅代を支払うような生活をしていたら、残金は数万ではないかと思います。

 パートや派遣労働者が増えているという実態が分かっていながら、政治家達は自分の地盤や票読みばかりしているようで、弱者への目線が少なすぎるように思います。

 ちなみにこの最低賃金はどうやって決めているのだろうかと調べてみると、「最低賃金審議会」というのがあって、そこで各種の統計資料をもとに決めているようですが、、その基準は「「労働者の生計費」を考慮するに当たっては、労働者が健康的で文化的な最低限度の生活を営むことができるよう、生活保護に係る施策との整合性に配慮する」と書かれた一文が基準になっているようです。

 しかし基準になっていながら、実態とはかけ離れているような気がします。 ちなみにこの審査会は厚生労働省に所属する審議会で、メンバーは大学教授等6名、労働者側代表6名、使用者側代表6名で構成されているみたいです。
関連記事
2012/09/11 09:36 政治 TB(-) CM(2)
コメント
最低賃金・・
最低賃金も東京都や大阪府と、沖縄県や青森県と比べると50円以上も、差があったりして。。
(まぁ、東京の場合は家賃そのものが高いので、いちがいには言えませんが・・)

それにしても、谷垣氏は「寝首をかかれた織田信長」。対する石原氏は「主君に反逆した明智光秀」に、たとえるマスコミもあって、マスコミも面白いことをよく考えたものだ・・?と、迷走しています。

私は自民党も民主党も、もう誰が総裁になっても同じとは思っています。
こうなると、やっぱり思いきった改革を期待して橋本氏に総理大臣に・・とは、夢物語でしょうかね。。

2012/09/11 21:47 マッキー URL [ 編集 ]
Re: 最低賃金・・
 私は物理が専門なので、こんな解釈になるのですが、組織というのは大きくなればなるほど慣性の性質が強くなり、ブレーキやアクセルをかけてもすぐには変化しない性質があります。つまり日本という国の政治は組織が大きくなりすぎて、抜本的な改革と言いながら、旧態依然たる傾向を引きずってしまいます。自民党の長老支配が良い例だと思います。

 民主党に変わってほんの少し進路がずれたかなという気が最初はしましたが、結局新幹線がちょっと横揺れをしただけのような感じで、車体は揺れつつも結局元の進路とそれほど変わらない線路上を走っているように思えます。

 橋本さんも、自民、民主に較べるとまだ組織そのものが小さいので、かなり自由に動き回れる印象がありますが、いったん国会という枠組みに取りこまれると、組織内の矛盾が吹き出て、結局似たような進路しか選べないのかなと思えます。それでも今の政治状況を揺さぶるぐらいの力はありそうなので期待する人は多いかもしれません。(民主党の政権交代の時も似たような期待感はありました)

 私自身はまだ橋本さんという方の人々に対する目線の位置が見えてこないので、特にまだコメントできないなと思っています。
2012/09/12 14:13 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。