FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
 旅行中の新聞を昨日ざ~っと読んだのですが、28日付けの毎日新聞1面に、今年の春の大卒56万人のうち、23%の12万8000人余りが正規雇用ではないと書かれていました。

 その中味を見ると、非正規雇用が2万人強、アルバイト等の一時的な仕事が約2万人。進学も就職もしていないが9万人弱だそうです。

 こういった非正規雇用を区分した調査は初めてのようなので、これまでと比較して正規雇用者以外の数が増えているのかどうかは不明ですが、ひじょうに大きな数字だなということはよく分かります。

 また幸いにも正規雇用で採用された人の中にも、当然ながら会社の仕事と自分の求めるものが適合せず、非正規雇用に陥る人もいるでしょうから、事態は深刻です。

 何が原因かといえば、大学側は学生側の意識の弱さを指摘しているようですが、何社受けても採用されない、という話を聞くと、学生側の意識の問題だけではないような気がします。ただ、それを嘆いても就職状況は改善しないはずで、やはり学生側が頑張る必要があります。

 ただ「やりたいことが見つからない学生が多い」という大学側の就職担当者の言葉は分かるような気がします。それは私自身が高校で進路部に所属し、生徒達が学部学科を選ぶ様子を見てきたからです。

 真面目に悩む子でも、何を勉強したいのか、将来何になりたいのか、自分の人生はどうあるべきか、と考える生徒は非常に少なく、結果的に現在の社会情勢を見て、「資格が取れそう」とか「就職に有利かも」、「今の成績で入学できそうな大学」、「予備校が推薦する、良いと評判がある大学」というような基準で選ぶことが多く、自分の興味関心、勉強したいこと、将来の職業イメージがあって、そのための大学、という選択をする生徒は年々減っているように思えます。

 私が高校時代の時は大学紛争があり、暴力的に許されざる行為もありましたが、今以上に学生自体が社会に関心を持っていたような気がします。

 私はそういった学生の動きを見て、友人達と一緒に社会批判をしたり、人生について話をしたり、それでも飽き足らないときは本を読んで、先人の人生訓をいろいろ得るなかで徐々に将来の職業イメージが出来たような気がします。

 今の生徒達の多くは、友人と人生を語ることはほとんどせず、本も読まず、社会に関心も持たず、人から勧められる情報を鵜呑みにして、どちらかといえば打算的かつ流動的に動いているような気がします。

 もちろんしっかりした信念を持って進学し就職する人も多いはずですし、信念を持っていたにもかかわらず就職出来なかった人も中にはいると思いますが、そう言った人たちはまた何か違う道を自分で見つけることが出来るのではないでしょうか。

 心配なのは、やはり言われるままに自分の成績で入学できる大学に進学し、なんとなく勉強して卒業。社会参加とはどうゆうことなのかということを深く考えないうちに就職時期を迎えてしまい、面接で自分の信念がないことを見透かされてしまう、ということも就職試験で落とされる一因かなと思えます。

 自分はいったい何をしたいのか?分からなければ分かるように、いろいろなことを体験したり、調べたりするしかないです。分からなくてもいいや、きっと何とかなるだろうという生ぬるい意識だと、後で苦労するように思えます。

 その意味では、古い考えですが、学生時代から、旅行、アルバイト、ボランティア活動等の体験を積極的に行い、さらに読書が大事かと思います。
関連記事
2012/08/30 09:44 最新ニュース TB(-) CM(2)
コメント
この記事を見まして・・
今、長男(高校3年)がこの新聞記事を見まして、「なんか大学に行くための受験勉強のモチベーションが下がるなぁ・・」と、ぼやいていました。
私は「先の事はともかく、今はやれるだけ自分ががんばっていける大学を目指して、勉強するだけだよ」と、答えました。
息子は「そうだね。やるしかないか!」と、答えました。

もう20年以上前ですが、私が学生の頃はもう9月中には、4回生のゼミは全員どこかの企業や役所に内定していました。
それを考えると、今の学生や若者(80年代のロスジェネ含む)は、生きにくい世の中になりましたね。。

2012/08/31 08:09 マッキー URL [ 編集 ]
Re: この記事を見まして・・
 企業が資本を蓄えるために、この20年間人件費を削減してきたツケが、企業そのものの体質を
弱体化し、一方で若い人たちの就労意欲を失わせる結果になっているんだろうなと感じています。

 そもそも若い人が減っているのに、正規に就職できない人が増えているような印象を受けるのは
どう考えても矛盾しています。

 年金支給年齢を60歳から65歳にしたことによって、企業全体に年寄りの人数が更に増え、結果的に
企業の新陳代謝が滞り、そのしわ寄せが若い人の就職難に影響しているような気もします。

 しかし一方でそうゆう現状を見て、若い人は本来「それなら日本の企業なんかどうでもいい。海外で
がんばる」みたいな気合いの入った行動がとれればいいのですが、どうも昨日書いたように、若者自体も
なんとなくぬるま湯に浸っているような気がします。

 これでは政府がいくら国家戦略みたいなスローガンを掲げても、国全体が衰退していくのは間違いないな
と思えてしまいます。どうもこの考えは後ろ向きだなと私も思っているのですが、現実に多数の
高校生を見ていると、そういった印象が強くなります。
2012/08/31 09:13 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。