FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>
 昨日ハワイから帰国しました。私が教員になった頃、海外旅行はまだ夢の時代でした。マニアックというか旅行好きの教員もいますが、多くは国内専門で私もそうでした。

 しかし国内旅行の時も同様ですが、いわゆるパック旅行はほとんど利用しません。自分で行きたい場所ややりたいことをリストアップし、それを線で結んで旅行ルートを作成。

 さらに旅行ルートを見てどこに宿泊するかを決めます。独身時代の旅行はだいたい格安のビジネスホテルです。旅館は一人で泊まると割高です。 またお仕着せの料理が多く、本当に食べたいものが食べられないことが多く、メリットは風呂がでかいことぐらいでしょうか。

 食べ物は、宿泊場所の近くの焼鳥屋さんとか居酒屋さんが多かったです。それでも贅沢をしなければ2000~3000円ぐらいで済みます。旅館だと宿泊料金に食事代も含まれますが、だいたい1万円を越すことが多く、いくら部屋が広くて風呂が大きくてももったいないなと感じていました。

 車で行くことが多いのですが、高速道路の地図もよく見て、一般道と組み合わせて安い料金で行けるように努力していました。

 今はパック旅行もずいぶん安くなり、国内も海外も手軽に利用できる時代になったなと思いますが、私の海外旅行スタイルは以前の国内旅行スタイルとあまり変わりなく、安い飛行機を探し、安いホテルを探し、安くておいしい食べ物を探し、観光地を安く回れる方法を検討します。 

 昔は海外なんて絶対行けないだろうなと思っていましたが、結婚を機にハワイに通うようになり、同じハワイに滞在している人でも、やはりお金の使い方はいろいろだなと感じています。

 短期でそれこそ日に10万20万と消費する人もいますし、ハワイに行ってもビーチで遊ぶだけで、観光費用はほとんどかからない、と言う人もいるようです。

 それぞれの旅行スタイルは長年その人が培ってきたものですから、そう簡単には変わりません。我が家の場合もフルタイム勤務中は以前も書きましたが、月々数万円、ボーナスから少しまとまった額を用意することによって旅行をしていました。

 早期退職をして、これは今後は行けなくなるかな、と思っていたのですが、日々の節約と将来の収入と支出のシミュレーションを繰り返して、当面は赤字になるものの、いずれは収支が改善するだろうという見通しが出来たので、今年も行ってきました。

 行って何が面白いんだと問われると答えに窮するのですが、海外の人たちの振る舞いを見て、価値観というのは国や民族によってずいぶん変わるんだなというカルチャーショックを最初に受けました。これは国内旅行では絶対味わえない感覚です。

 また海や空の自然が美しいとか、気候が良いとか、弱者に親切であるとか、言葉で書くと当たり前のことですが、実際に滞在したときの素晴らしい実感をうまく表現することは出来ません。

 1年に1回の大きな贅沢ですが、今年も楽しい旅行となり、具体的に目で見たり、体で感じたりすることは出来ませんが、何らかの大きな成果が得られたと確信しています。

 なお前回書いたグーグルアドセンスの収益も、このハワイ旅行に大きく貢献しています。
関連記事
2012/08/12 07:47 旅行 TB(-) CM(1)
コメント
これからの旅行は・・
私も昨日、日帰りで墓参りに行って参りました。
いつものお盆をふるさとや海外で過ごす人のUターンの新幹線・飛行機での風景を、ニュースで見ていましてふと感じました。

新聞にもよく掲載されていますが、これから消費税が上がると、まず庶民が削るのは旅行代が上げられます。
もちろん、消費税が上がってもまだまだ余裕のある富裕層の方は、しばらくは海外旅行や国内旅行を楽しめますが・・

これからは費用面で無理をしてでも、帰省や海外旅行をするよりも、田舎の年老いた両親に「ゴメン。今年の盆(正月)は、ちょっとボーナスが苦しいので帰れん・・」といった風景が、将来見られるのかもしれませんね。。(悲しい光景ですが・・)

今日はちょっとセンチメンタルな悲観的な妄想をしてしまいました。スミマセン。。
2012/08/13 09:12 マッキー URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。