FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
 昨日からハワイに来ています。早期退職をした身でハワイなんて、なんて贅沢なと眉をひそめる人や、うらやましいけど、そんな優雅な生活をするために在職中に何か悪いことでもしたのではと思う人がいるかもしれません。

 確かに公務員という恵まれた環境にありましたが、給料以外に投資をして大もうけしたと言うこともありません。むしろ株式投資は失敗の連続で、トータルで100万ぐらいは損切りしていると思います。

 ただその程度ですんでいるということと、そのお金で経済のことをいろいろ知るようになり、自分の将来の事について考えるきっかけにもなったと思います。

 先日書いたように、今の生活費は息子の教育費を含めて月16万ぐらい。年間で保険や税金を含めて支出が230万。これにハワイ旅行を加えると、旅行と言ったプチリッチな生活を送るためには年間で280万くらいの収入または貯蓄があれば良いことになります。

 この支出を早期退職後どのようにまかなうかということが問題ですが、現状は非常勤講師で100万、アドセンスの収入が40万、退職金を元にした自己年金が70万、貯金取り崩しが70万くらいでしょうか。

 しかし後半の二つは名前は違う物の結局は資産の取り崩しに他ならず、年間で140万ずつ資産が減っていることになります。

 こんな生活を早期退職後続けていますから、60歳の定年までの3年間で資産は約500万減ることになります。

 ただ60歳になると、非常勤講師の代わりに年金をもらうことが出来ますので(最後の世代です)、この収支は大きく改善し、予想を赤裸々に書くと共済の年金が140万、アドセンスの収入60万、非常勤講師70万(もう少し続けるつもりです)ということになり、これでハワイに行っても収支はほぼとんとん。

 実際にはこれに自己年金が加わり、場合によっては国民年金の繰り上げ受給を考えているので、そうなると教育費を除くと収支は大幅改善。場合に寄っては自主年金を貯蓄に回せるのではと考えています。

 そういった予想があったので、3年間で500万ぐらい減っても、なんとか家計は持ちこたえるだろうと予想していまいした。

 ちなみに昨日の飛行機は奮発して安い航空会社のビジネスクラスを使いましたが、意外に小さな家族連れが多くて驚きました。

 あの両親の年代でビジネスに乗れると言うことはそれなりの収入が必要ですから、要するに日本の社会は中流層の二極化が始まっているのかなと思えます。
関連記事
2012/07/29 03:44 将来設計 TB(-) CM(1)
コメント
すごいです。うらやましい・・
ハワイ旅行ですか。良いですね。
私は海外旅行といえば、もう20年前になりますが妻と新婚旅行で、スイスとパリに行ったのが最初で最後?です。

大学、特に理工系に進学した私立大学では授業料だけで、4年間で500万円以上は吹っ飛ぶ計算になりますよね。
うちは私立文系志望ですが、これでも4年間の学費だけで約400万円はかかりますから・・
子供一人だけなら、何とか学費だけなら出せないわけではないですが、下の娘も再来年には高校受験(中2)なので、奨学金のお世話になりそうです。

それよりも、一番怖いのは重い病気(ガンや脳梗塞など)です。健康保険でいくら高額療養費がきくといっても長期入院になると、差額ベッド代とかは自己負担になりますから・・。

ちなみにうちのいとこの男性(某政令都市の市役所職員)は、難病で入院と自宅療養を休職して繰り返していますが、先日に話を聞いたらどうやら公務員も休職期間も、最長2年間までなので、辞めることになりそうだ・・と。幸いに奥様も職場結婚で同じ公務員なので、これからは主夫として家事をしながらリハビリをする・・との事でした。

私がもし、今病気で倒れたら・・中小企業なんで公務員みたいに休職期間なんて2年間あるわけではなく、健康保険の傷病手当金を少額でももらいながら、半年でクビでしょう・・

話が長くなってすみません。
何が言いたかったのかというと、細かいライフプランもある程度は必要でしょうが、いざ突発的な病気とか、親が介護で倒れたとか言う想定外のことも、いつないとも限らないので、あまり先の事を心配してもしょうがないのかな・・と私個人の意見として思います。。


2012/07/31 09:02 マッキー URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。