FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
 老齢基礎年金の繰上受給の話題が一段落したので、最近の我が家の家計を報告したいと思います。フルタイム勤務時から2年3ヶ月を経て、家計はどのように変化したか。これから退職を迎える人の参考になればと思います。

 我が家の条件は私と私立高校3年の息子の二人暮らし。私立高校の授業料約43000円が、夫婦で生活した場合の奥さんの衣料品や化粧品代、交際費に相当すると考えれば、ごく普通に節約した生活を送れば、夫婦二人でこの程度になると言う目安になると思われます。

 これまでにも何回か公開していますが基本的にそれほど変化はありません。
食費45000
外食7000
アルコール5000
雑貨、衣料品16000
交通12000
光熱15000
通信15000
医療4000
教育43000
合計162000

 食費の平均は退職直後より数千円減少しましたが、一ヶ月40000円を切るのは私の料理の力量では厳しいです。外食は私が仕事で出かけたときの昼食代等です。アルコールは発泡酒と焼酎代。

 雑貨衣料品のほとんどは雑貨です。衣料品は下着類ぐらいしか買い換えません。交通費はちょっとしたドライブを含めたガソリンや高速道路料金。光熱費は電気、ガス、水道です。

 通信は携帯及びパソコン関係。医療費は私の血圧関係ということで、トータル162000円。これ以外にレジャー費や交際費がありそうなものですが、雑貨や食費に含んでいます。つまり実質的に毎月支出する金額がこの程度ということです。従ってトータル年間約195万です。

 次にこれも何回か書いていますが、保険税金関係。これが今年は約40万でした。内訳は国民健康保険税15万。固定資産税6万。自動車税4万、医療傷害保険5.5万。自動車任意保険3万、車検費用6万。となっています。

 つまり年間の総支出は235万と言うことになります。これを現在非常勤講師+グーグルアドセンス+子育て支援金+国や県の授業料補助+個人年金+貯金の取り崩しで賄っています。ただし個人年金も貯金の取り崩しと考えると、この2年3ヶ月で結構大きく貯金は減りました。

 その上実は毎年夏にハワイに行っています。これが毎年50万ぐらいかかっていますので、さらに貯金は減っています。しかしこの損益は息子が大学を卒業すると逆転しますので、その後は私が長生きすればするほど貯蓄が増える、というシミュレーションになっています。
関連記事
2012/07/24 10:05 家計簿 TB(-) CM(2)
コメント
我が家の家計は赤字です・・
うちも家計簿(ネットバンキング)を見ていましたが、子供が塾に行くまでは、固定資産税のある月(年に4ヶ月)は、赤字でした・・
上の子が子供が塾に5月から行くようになってからは、毎月2万~3万円は、赤字です。(-_-;)

妻も以前はパートに出ていましたが、持病の鬱と軽い障害者なので、今は働いていません。
上の娘は公立高校(授業料は無償)、下の娘は公立中学なんですが、二人とも塾の夏期講習だけで合わせて5万円は飛んで、赤字になりました。。(=_=)
でも、子供の塾代は「先行投資」と思うようにしています。

ボーナスがないので、貯金を崩して補填しています。
もし、子供が独立して夫婦だけ(60歳以上)になると、確かに家計だけみれば教育費の心配はなくなりますが、まだ自分の母親が生きていれば、介護費用の問題も出てくるでしょうし、自分達夫婦もどちらかが重い病気(ガンや脳梗塞)などにかかると、医療費の問題も出てきます。ちなみに夫婦とも「ガン保険」には入っていませんが・・(家計の不足で払えないので)

結局の所、大体のざっくりしたお金の心配は、宝クジは大当たりするとか大金が入ってくる以外は、ちまちました貯金(全く無いよりはマシですが・・)、すぐに毛が生えて飛んで行ってしまいます。

でも、こういう不測の事態がいつ起こるともわからなので、ちまちま少額でも貯金するしか、手がないのかもしれませんね。。




2012/07/25 09:07 マッキー URL [ 編集 ]
Re: 我が家の家計は赤字です・・
 子供さんが二人で収入が少ない場合は、市役所等で補助金が出るような気がするのですがどうでしょうか?
ボーナスがないのは辛いですね。私も早期退職後日々の生活は問題なく送っていますが、何か急に大きな
出費が生じると、現役時代はボーナス払いが出来たなあと思い出します。

 中学の塾代も大きいです。急に出費が増えたなあと我が家も感じました。その分何かを削らざるを得ず、私の分の昼食代やら書籍代、衣料品代その他細々としたものすべてについて節約を意識させられました。ビールが発泡酒になったのもこの頃ですね。

 結局入ってくるお金の絶対量はそんな簡単に増えないので、特定の出費が増えたら他を削るしかないわけで、それは日々100円節約できれば一ヶ月で3000円、というような感覚でやっていくしかないかなと思っています。

 私は今も500円玉貯金とか100円玉貯金とかをしていて、貯金箱がいっぱいになるとだいたい5万ぐらいになるので、これが私的ボーナスだと思うことにしています。

 ちなみに大学予約奨学金には1種と2種があって、1種に該当すれば利子は付かなかったように記憶しています。

 一昨日我が家は息子と共に三者面談をしてきましたが、担任の先生は成績だけを見て、ここはどうだなんて言っていましたが、家から通えない大学を勧められてもなあ、とちょっとがっかり。経済の問題は大きいです。


 
2012/07/26 09:36 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。