FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
 昨日まとめたように、これから年金をもらえる比較的恵まれた世代は、今後は年金支給額の減額と医療費の自己負担額増加、そして消費増税及び東京電力のような公共料金の値上げに対する対処を考えておかないといけないと思います。

 例えば現時点で年金の収入が年200万見込まれると思っていても、その支給が仮に5%減額されれば190万になってしまい、10万円が消えます。

 年間5~10万円の医療費を使っている人の自己負担額が仮に3割から4割になれば、6.7万から13.3万になり1.7万から3.3万の負担増になります。(間をとって仮に2万とします)

 消費税が5%から10%になれば、消費額を100万としても実質的に5万程度が税金として取られます。つまり収入から5万が税金として消えます。もし15%になれば10万が税金になります。

 以上をすべて加算すると年金減額(これは決まっているわけではなく、私自身がこうゆうリスクがあると勝手に思っている値です)で10万、医療費の自己負担増で2万、消費増税で今は5万、やがては10万と考えると、200万あると思っていた年金が、190万になり、そこから7万ないしは12万ぐらいが今より負担増となる可能性があるわけで仮に10万としても180万。

 要するに今後の負担増を考えると、今予想している年金の値は、実質1割減になってしまい、それに伴って生活の質も1割落とさざるを得ないと言うことになります。

 生活の質を落としたくないなら、今後予想される負担増を何とかしなくてはいけません。この例でいけば年間20万ですから、月に治せば2万円弱です。

 時給800円のパートの仕事を週3日4時間やるとすれば、800×3×12=9600円。一ヶ月を4週間とすれば38400円。これで2万円の減額分は補てんできます。

 これなら2万円余るじゃないかと思うかもしれませんが、個人的にはこういった就労形態で働けるとしても60~70歳ぐらいまでで、70歳を越したら仕事自体がなくなることも予想しなくてはいけないと思います。

 つまり60歳から70歳まで10年間、毎月2万円ずつを貯蓄していけば2×12×10=240万円の貯蓄が出来ているわけですから、70歳以降はこれを毎月2万ずつ消費して生活の質を落とさず10年間生活すると言うことです。

 以上あくまで、これまでなんとなく考えていたことをまとめているわけですが、例え民主党政権でなくても、現在の国家の予算と社会保障の現状を見れば、一般庶民が今後も負担を強いられていくのは当たり前だと思っています。

 いずれ「ギリシャのようになりなくなければどうのこうの」という論調がクローズアップされ、負担増も仕方ないというイメージを定着し、消費増税同様に、なし崩し的に負担増が決まっていくと思われます。

 であるなら、現実にそうなる前にリスクを予想して個人個人が自分の頭で考えて、自分だったら何が出来るかという行動計画を作るべきだと思います。 上記のパートタイムでの就労は、その方法の一つですが他にもありそうです。

関連記事
2012/07/20 09:34 年金 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。