FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
 昨日の記事では私がエクセルで作成した具体的な数値を書かなかったので、分かりにくい表現になってしまったなと反省しています。今日はその表をエクセルから以下にコピーしました。

 ただし60歳から80歳までの表です。少数第一位以下は四捨五入しました。

 60歳から65歳までは減額はなく、66歳から基準額が毎年1%ずつ減った場合の支給総額の表です。(ただ民主党は基礎年金の充実のために金額を増やす(最低保障年金)ということを言っています。しかし私は実現はほとんど不可能だと思いますし、この政党は口約束をしても、その後の情勢で簡単に最初に言ったことを覆す政党だと思っていますので、あまり信用していません)

 基準額65歳64歳63歳62歳61歳60歳
60      42
61     46 84
62    49 91 126
63   53 98 137 168
64  56 106 148 182 210
6560 60 113 158 197 228 252
6659 119 169 211 246 273 294
6759 178 224 262 294 318 335
6858 236 279 314 341 362 375
6958 294 333 364 389 406 416
7057 351 386 415 436 449 456
7156 407 440 464 482 492 495
7256 463 492 514 528 535 534
7355 518 544 562 573 577 573
7455 573 596 610 618 618 612
7554 627 647 658 663 660 650
7654 681 697 705 707 700 687
7753 735 747 752 750 741 724
7853 789 797 799 793 781 761
7952 843 846 844 836 821 798
8052 897 894 890 878 860 834


 というわけで、今日は表が大きいので余り書くスペースがないのですが、昨日書いたように60歳から早々と減額を承知で年金をもらえば、少なくとも76歳までは得をすることになります。

 76歳と言えば、すでに個人で活発に動き回るのは難しい年齢ですから、消費額は75歳までに比べるとかなり減るのではないかと思われます。

 もちろん、子や孫に遺産を残すために少しでも長く生きながらえて、多くもらえた年金を貯金するという考えもあります。

 現在の不況を考えると子供達が就職できずに親と同居するという事態も考えられますから、体力に自信があるならそのような選択もあるかなと思えますが、年金の基本は自分が老後で消費するために使うお金ですから、やはり使いたいときに多くもらった方が良いのではと思うようになってきました。
 
関連記事
2012/07/04 09:43 年金 TB(-) CM(2)
コメント
自分の寿命は果たしていくつ?
2年前にガンで亡くなった父が、ちょうど76歳(数えで77歳)でした・・
ですので、自分も個人年金が60歳~75歳まで別に支給される予定なので、それが切れたら公的年金(厚生年金)だけになってしまうので、75歳まで生きれたら・・と思います。

さて年金の話ですが、私自信は大体サラリーマンでも低所得者ですから、60歳から繰り上げて貰おうが、65歳から通常通り貰おうが、元々の金額自体が少ないので(=_=)・・
そんなに気にしてもしょうがないかな?と、思っています。
私は今51歳ですが、これから会社が傾いて倒産して失業、また自分が病気(ガンや脳梗塞など)で働けなくなったり、もしくは母の介護でどうしても仕事を辞めざるを得ない状況になったり・・
そんな事ばかり考えていたら、息も出来ませんが(汗・・)

ですので、今は取り敢えず仕事をクビにならずに何とか今月の給料が入って今月の食費(子供がよく米を食べるので米代だけは何とかなった)、あるいは今日もよく眠れた。たまに飲む贅沢の冷ビール一杯が美味しかった・・など些細な日常の喜びをできるだけ見つけて生きていきたいと。。

こういう風に考える今日この頃です。(^J^)

2012/07/04 19:18 マッキー URL [ 編集 ]
身の丈にあった消費を心がけています
 私の父親は心筋梗塞で51歳の時に亡くなりました。私が学生の時です。さすがに真っ青になって勉強して、なんとか教師という職業に就いて、ある意味恵まれた仕事を得たと思っています。

 ただ経済的な面では当初かなり苦労しました。それでももともと無駄遣いをあまりしない性格が幸いしたのか、30代になってから徐々にお金が残るようになり、後はそのお金をいかに効率的に使うかということを考えて生活してきました。

 しかしながら早期退職をした関係で、私も年金は定年まで頑張った先生方に比べるとかなり少ないです。しかし他人とお金の使い方を比較してもしょうがないので、自分のお金の範囲で満足できる生活は何かと言うことをかんがえています。

 ただそれでも将来年金が厳しいことが予想できますので、副収入の道を考え、少しずつ実行しています。
2012/07/05 08:51 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。