FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
 私は幸か不幸か、60歳から一部の年金(共済年金)がもらえる最後の年代で、それは手続をきちんと行えば来年の4月から支給されると思っています。

 一方老齢年金についても、希望すれば繰り上げ支給が出来つはずです。ただ繰上をすると、1年ごとに正規支給額の6%が減額されますので、例えば正規の65歳からなら6万ぐらいもらえる人が、支給を早めて60歳からもらおうとすると、6%×5年=30%の減額となります。

 つまり65歳からなら6万(年間72万)もらえるけど、それを60歳からもらうと4.2万(年間50.4万)しかもらえないということになります。この額はその後基本的に変更はありません。

 この計算に基づいて、繰上の年数と支給総額を算出していくと以下のような表になります。
年齢5年繰上4年繰上3年繰上2年繰上1年繰上通常支給
6050     
6110155    
6215110959   
6320216411863  
6425221917712768 
6530227423619013572
66353328295253203144
67403383354317271216
68454438413380338288
69504492472444406360
70554547531507474432
71605602590570541504
72655656649634609576
73706711708697677648
74756766768760744720
75806 821827824812792
76857 875 886887880864
77907930 945 950948936
789589851004 1014 10151008
791008103910631077 1083 1080
8010581094112211401151 1152
81110911491181120412181224
 
 当たり前ですが、早めにもらえば支給総額は初めのうちは大きいのですが、75歳ぐらいになったあたりで、通常の支給総額が追いついてきます。

 つまり5年繰り上げた人は75歳で寿命を全うすれば、支給総額は65歳まで待つよりも大きな値になりますので、単純に考えて得だ、と言うことになります。

 以後4年繰上を選べば76歳、3年なら77歳が損益分岐になります。そして80歳までめでたく生きていれば、支給総額は一番多くなります。

 もちろん自分の寿命が何歳なのかはまったく分かりませんが、もともと健康にはあまり自信のない人間ですから、早めに多めの額をもらって、体の動く内にそれを有効活用した方がいいのではないかと最近思うようになってきました。

 ただ5年繰上はさすがに早すぎるようにも思うので3年ぐらいにしようかなと悩んでいます。
関連記事
2012/06/26 20:59 年金 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。