FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 各種税金の支払時期には、任意で入っている生命保険と医療保険の請求も来ます。そろそろ保険金額の見直しも行わないといけないなと思い、昨年度の契約内容を改めてみているのですが、現役時代からず~っと入っている掛け捨て方の保険なので、見直しを怠っていました。

 これから考えることは、例えば明日急に私自身がこの世からいなくなったとき、残された遺産で息子が生活していけるかどうかということと、もう一つは何らかの病気で私自身が長期入院を余儀なくされたとき、家計が持ちこたえるかという二点です。

 前者の場合は、すでに私は退職金をもらい、さらに万が一のことがあれば遺族年金が支給されると思うので、経済的な問題はなくなりつつあるように思えます。

 私自身が入院した場合ですが、高額療養費制度というのがありますので、私の場合一ヶ月の医療費の上限は35400円になるのかなと思います。(低所得者の区分で考えています)

 とするとその他の入院用品も含めて、月5万円程度の保険があれば良いことになります。従って長期入院時の保険金額は1日あたり50000÷30=約1700円という結果になります。

 これは現在入っている額、1日あたり5000円のおよそ3分の1ですから、さらに掛け金を減らす事が出来るなと思い始めました。

 一方、あらためて契約書に付随しているパンフレットで掛け金を見ていたところ、61歳になると保険金額がぐ~ンと上昇することに気がつきました。まだ2年近く余裕がありますが、いずれ医療保険についてもきちんと調べないといけないなと思い始めました。

 テレビでも外資系の医療保険のコマーシャルがよく流れていますが、今までは鬱陶しいコマーシャルだと思いつつ聞き流していました。今後は少し注意を払おうかと考えています。

 60歳を過ぎてから医療保険の額がぐ~んと高くなるのは、私が入っている保険だけの現象なのか、他の保険もそうなのか、これについても興味があります。

 私が入っている保険は教員の加入が多いようなので、その掛け金が61歳以降急に上がる(倍以上です)と言うことは、教員は退職後病気になる可能性が大きいということを表しているようで不気味です。
関連記事
2012/05/08 08:45 保険 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。