FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
 昨日は30歳以上のフリーターが増えているという話を書き、今後それらの方達が50代になったときがどうなるか不安ということも書きました。

 それじゃあ逆に今年の春の各学校卒業予定者の就職内定率はどうなっているのか、ということも気になったので調べてみると、2月1日に厚労省と文科省が合同で調査した結果が出ていました。

 結果は以下の通りです。
種別内定率前年比就職希望者数内定者数未定者
大学80.5+3.140600032700079000
短大(女子)66.9+3.8520003500017000
高等専門学校(男子)98.0+0.764006300100
専修学校77.5+8.019300015000043000
高等学校86.4+2.916600014300023000

 すべての数値が上昇していますので、それはそれで良かったなあと思いますが、一方で内定していない方は162100人いることになります。

 昨日の記事で35~44歳のフリーターは全国で約50万人いると書きました。一方もとになったニュースを見ると15歳から34歳までのフリーターの数は11年度に176万人だそうですから、今現在15歳から44歳までで226万人いる計算になります。

 今年の春卒業する方で、最後の最後まで努力しても就職先が決まらなかった場合、上記の162100人の中の何人かが226万人にプラスされることになり、すさまじいまでの就職難だなと言うことがよく分かります。

 現在私の妹は某会社で働いていますが、先日欠員が出たので短期の募集をしたところものすごい数の応募があったそうで、就職難の現状を良く表しているなと具体的に感じました。

 スーパー等に行けば駐車場で車の整理をしている人の中に中高年の方が目立ち、また道路工事や電気工事の保守点検作業でも40代以降の方が目立ちます。

 大学を卒業しても、そしてさらに大学院を卒業しても国内では就職が見つからない場合は、思い切って海外に行くというのも一つの選択肢だと思い、私の息子にはそのように伝えています。

 海外はちょっと、と言う人はやはり農林水産業でしょうか。就職出来ない人がいっぱいいるのに、なぜかこの分野では跡継ぎがいないという嘆きが聞こえます。道路工事や駐車場係に若い人がいないというのも不思議です。

 自分自身が教員として高校生を教えていて感じることですが、「これをやってみたい」という情熱が感じられないのと、「これをやるためには多少の重労働や勉強も厭わない」という気概を持っている若者の割合が減ったような気がします。これは自分の息子も同様なので、困ったもんだと思っています。
関連記事
2012/03/19 10:29 仕事 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/625-ff9c0d87
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。