FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
 昨日円安が止まりませんねえ、と書いたら、途端に円安がストップしました。今日は83円台まで戻っています。私のような素人が、やけに円安ペースが速いなと思ったぐらいですから、経済に強い人はそろそろ反転する頃かと、いったんドルを売り始めたのでしょうか?良く分かりません。

 様子を見て、場合によっては旅行用のドルを買い増しすることを考えています。

 4月以降の仕事が確定し、昨年の確定申告が無事終了し、毎月の決算が落ち着いてきたので、昨日再びその結果を基に今後の我が家の長期的な財政状況をsらに細かい数値でシミュレーションしてみました。

 基本的なシートは以前にもエクセルで作っていますので、作業としてはこのシートの中の数値を実情に合わせて変えるだけで、30分もあれば出来上がりです。

 このシートの収入と支出の見通しをから、差額を積算していき、その差額が現在の貯蓄額をオーバーするなら家計は破綻するというものです。 具体的には収入の部、支出の部ともに、大きく分けて4種類です。
 
 収入の部は以下の通りですが、自主年金は退職金の一部の取り崩しです。(ほぼ実情にあった数値です)
年度年齢給与副収入年金自主年金合計
2012591684070278

 これに対して支出の部は
年度年齢生活費教育費税・保険遊興合計
201259160504570325

 従って、退職金の一部を取り崩して自主年金にあてても赤字が出ますので、さらに貯蓄額が減ることが分かります。要するに来年だけで47万円赤字が出るということです。(実際には自主年金の分も減りますので、総額では100万以上減る計算になります)

 これを年度ごとに計算し、それらをすべて積算したとき、私がこの世にいなくなるまでの総赤字額が計算でき、それが現在の貯蓄額を上回れば、家計は破綻するので、ハワイには行かずに家でおとなしくするか、まだまだ10年ぐらい働くか、副収入の額がもっと増えるようにがんばるか、最悪持ち家を売却するかという選択になります。

 ただ息子の大学進学を除くと、今後は年金が出るので大学の授業料を除くと生活費自体がそれほど大きな赤字に陥ることはなさそうなので、とりあえず安心して生活をしています。

 なお私の場合は60歳から一部の年金がもらえる最後の世代なので、私より若い人の収支は60歳以降にかなり悪化します。どのくらい悪化するかは、実際に個々の条件を当てはめて計算しないといけないので、一律に退職時にいくら必要というマネー雑誌の記事は、あまり当てにならないと思います。
関連記事
2012/03/16 10:16 将来設計 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/622-0208af2f
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。