FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
 企業年金を運用していた「AIJ投資顧問」という会社が、預かっていた資産2000億円の大半を失ったいう衝撃的なニュースが出ています。

 この会社、素人が手を出すのは危険と言われている「金融派生商品」で資金運用を行ったものの、結局損失が拡大し、資産を失ったと言うことのようですが、信用して資産を預けていた方は、「失敗しました」では済まされません。

 「高い利息をつけた運用が可能です」と言いつつ、お年寄りから金品をだましとり、実際には何も運用せず、その金で遊びほうけて、最後には金を使い果たして警察のやっかいになる人がいますが、それを会社ぐるみ、組織ぐるみで行っていたことになるわけです。

 結局「あまりにうまい儲け話には裏がある」という基本的なリスクを忘れ、利率がよいし、実績をあげているように見えるから運用を頼もう、と決断した企業年金を扱う幹部にも問題があるわけで、なぜそのような会社を選んだのか、企業年金側にも説明責任があると思います。

 年金を扱う人たちは、そのお金をいかにうまく運用して増やしていくか、ということが最大の関心事だと思いますが、そのためには現在の社会情勢に照らして、あまりに効率の良すぎる話ではないかという疑念も常に持って運用に当たらないと、今回のような事件が起きてしまうのだと思います。

 隙をつかれた、判断が甘かった、と後になって感想を述べるのは簡単ですが、それらの資金を託した一般庶民のお金は戻ってきません。

 国の年金会計がいい加減だ、ということでずいぶん批判されていますが、今回の事件は民間の企業年金についても、リスクがあるということを示しています。

 個人的に、自分が何かの投資信託に投資して、その投資信託がいい加減なもので損失を被ったというのは自己責任ですから、私は納得できますが、信頼して運用を任せていた会社が、身勝手な判断で資金を減らしてしまってはたまりません。

 この投資顧問会社が糾弾されるのは間違いないと思いますが、企業年金の運用先を探している方達にも、やはりもっと投資先を見極める力が必要なんだなと思います。
関連記事
2012/02/25 10:42 最新ニュース TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/602-14b46632
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。