FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
 天皇陛下の手術が無事終了したようで良かったなと思っています。しかしまあ手術の方法を聞いていると、つくづく凄いことをやるもんだなと思います。

 さてテレビでは手術のこともさることながら、インフレターゲット1%について解説が行われていました。正直なところ、そんな簡単に物価が上がるもんかと思っていますが、もし上がり始めたら「一番影響を受けるのは給料上昇が望めない年金生活者だ」というコメントを聞いて、「おっこれはきちんと知っておかないとまずいかも」という気になりました。

 どうも経済は専門とかけ離れているのでよく分かりません。そこで「インフレターゲット」と入力して、ウィキペディアで概略を調べてみました。書かれていることは私のイメージ通りで、要するに物価の上昇率を意図的に定めるということです。

 一方、このところガソリン価格等は値上がりしていますが、確かに衣料品や一部ファーストフードの1食あたりの単価は10年ぐらい前に較べると安くなったかもというイメージはあります。

 そこで平成11年からの物価の総合指数というのを総務省のページで見てみました。するとプラスになった年はH18年が0.3%、H20年が1.4%で、他はすべてマイナスです。しかもこのプラスは食料品を除いてもこの値ですから、要するに原油価格の値上がりに影響されていると言うことで、我々が日常的に購入する物価は下がり続けていると言うことになります。

 そこでH11を100として、その指数をかけ算していくといくらになるか、手元の電卓で計算してみました。すると結果は・・・95.948です。つまりこの10年ぐらいで物価は平均で4%下落したと言うことですね。

 原油の値上げを除くと、この下落幅はさらに大きくなるはずですから、実際には7~8%下がっているように思います。相対的に100円の価値は7~8%上がったと言うことで、利息が付かなくても貯金をしておけばお金の価値が上がったと言うことになります。

 一方今後10年間で1%ずつ物価が上昇すると、100円のものは10年後に110円ぐらいになっているということで、年金生活者の場合は10万円の価値が今と較べると9万円の価値しかないと言うことになります。

 しかも消費増税や電気料金値上げもあり得ますので、この値はさらに悪化。私の将来計画も、たった1%というインフレターゲットに振り回されるかもしれないなと思うようになりました。
関連記事
2012/02/19 12:12 将来設計 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/595-3999d0df
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。