FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 昨日確定申告書類を郵便局より送付。普通郵便で240円でした。後は記入にミスがないことを祈り、更に還付金がもらえるとことを祈るだけです。

 これで昨年度関係の事務手続は終了。仕事(非常勤講師)の方も、あと数週間で一応終わり。もちろん試験作成や成績付けという業務が残っていますが、これらは事務仕事なので楽です。

 なんだかんだいっても、生徒の前に立って授業を行うというは大変です。何回も書いていますが、立ちっぱなしで動物園にいる熊のように黒板の前で行ったり来たりしながら、黒板に書く、大声で説明する、説明しながらさりげなく生徒の動向や反応を観察する。観察しながら、その先の授業の展開をどのように行うかを考える。

 等々慣れていることとはいえ、やはり年齢のせいか、最近1時間の授業終了後の疲労感が強くなったように感じます。これはすでに定年を迎えた先生からも聞いた話しですが、定年後も今はフルタイムで働けるような職場環境がありますが、実際に働いてみると体がついていかない、ということをよく聞きます。

 60歳になった瞬間に、もうこれで充分と言ってすっぱりと仕事から縁を切る先生もいます。早期退職直後はそのような先生方の姿を眺め、自分はどうかなあと思っていたのですが、その年に近づいてみると結構きついなあと言うのが本音です。

 しかし私のような虚弱体質の人間には、65歳年金支給開始は本当に厳しいなあと思います。たまたま自分の年齢が60歳から少しだけ年金をもらえる年齢だったから良いようなものの、そうでなかったらこの5年間をどのように過ごすのか。

 50歳前半の方は、もうもらえそうにないということが分かっているわけですから、当然必死に貯金をするか、65歳まで働くかという選択をすることになるのだと思いますが、私の感触では55歳を過ぎてから急激に仕事をする上での体力が落ちていくような気がします。

 この感覚はなって見ないと分からないものなので、働けばいいので貯金はいいや、と気楽に考えていた人が50代後半で体を壊すと悲惨なことになりそうです。

 これも何回か書いていますが、家があって、借金も退職金で払い終え、単純に男一人でノラクラ暮らすだけなら生活費は月10万ぐらいで済みます。それに保険料税金をプラスして、ぎりぎり年間150万でしょうか。

 しかし逆に言うと、年金が出るまでの5年間に750万が消費されるということです。しかもこれは生活費だけですから、ちょっと居酒屋に一杯とか、たまには温泉へとか、ちょっと旅行にとかゆう贅沢は一切無しです。

 でようやくの思いで年金が出る65歳になったら、足腰が不自由になっていた、では目も当てられません。この辺りのことは、いずれ息子にもじっくり話しをしようと思っています。
関連記事
2012/02/08 15:48 老後 TB(0) CM(2)
コメント
同感です
私はサラリーマンでしたが、55を越えてからしんどくなりました。管理職だったので自分で動き回る仕事ではなかったのですけど、それほど大きな場面でなくても、どういう対処をすべきかの判断をするのに決断がつかなくなっていました。会社都合で早期退職となりましたが、65まで働くなんて難しかっただろうと思えます。
2012/02/08 21:59 takacci URL [ 編集 ]
体力だけでなく脳の回転も衰えています
 折角貴重なコメントを頂いたのに見逃していました。すいません。50歳前後でイメージする55歳前後の体力と、実際に55歳になった時の体力は明らかに違いますね。

 私も時々授業中に愕然とするのですが、以前は瞬時に出来た二桁の引き算の答が出てこないことがあります。考えてはいるのですが、頭の中に霞がかかったようになります。特に寝不足なんかしているとひどいです。しかしそうゆう時は焦ります。焦れば焦るほど答えが出ないので、黒板で筆算をやったりしていますが冷や汗もんです。

 体力だけではなく脳の回転も明らかに遅くなっています。将棋や囲碁のプロが、年齢と共に上位を維持できない訳が分かるような気がします。


 
2012/02/21 09:37 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/584-99c40eeb
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。