FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
 灯油代が気になったので、いわゆる灯油を使ったファンヒーターとエアコンについて、熱効率と価格を比較するサイトを探してみました。

 するとやはりいろいろ研究されている方が多いですね。参考になりました。結論から言うと最近のエアコンの性能は著しく向上しているので、単純な発熱量を比較すると、ファンヒーターより割安になるようです。

 その昔灯油は18(L)1000円しなかったと思いますが、いつのまにか2倍ぐらいになっています。その頃は灯油が安く、エアコンの熱効率も今ほど良くなかったと思われるので、一般的にファンヒーターの方が安くて暖かい、というイメージが浸透しているのかなと思います。

 しかし今は灯油1缶1500円でしかも電気を使います。一方のエアコンは技術的な進歩が著しく、どうやらヒートポンプの性能がかなり向上しているようです。

 その結果単純に計算すると、エアコンの方が価格あたりの熱量が大きいと言うことになります。では全部屋エアコンにするかということになりますが、ことはそんな単純なものでもなさそうです。

 数字的には有利でも、感じる暖かさはファンヒーターの方が明らかに勝っていますし、寒い部屋をすぐに暖かくするのもファンヒーターが有利です。

 またエアコンは外気の温度が極端に低いと熱効率もやたら悪くなり、電気料金も上昇します。

 一方ファンヒーターは灯油消費量(額)が多く、二酸化炭素を発生しますから、換気にも気を配る必要があります。(湿気は灯油の燃焼により、補充されます)

 結局どちらにも一長一短があり、単純に熱量と費用だけを考えるならエアコン有利になりますが、朝起きてすぐに温める必要がある場合とか、足下が寒い、といった場合はファンヒーターが有利なので、両者について比較しているサイトの管理者の結論は、皆さん両者を併用する、ということになっています。

 つまり朝一番の冷え込みはファンヒーター、昼間の寒さはエアコン、さらに部屋全体を暖かくするために両者を併用ということです。

 なお、節電や節約を意識する場合は、こういった併用の組み合わせをいろいろ考える必要はあると思いますが、基本的には設定温度を下げた方が良いようにも思います。

 ちなみに我が家は一軒家ですが、エアコンは20度、ファンヒーターは18度ぐらいの涼しめの設定です。これだと足下がちょっt涼しいのですが、上半身は快適です。
関連記事
2012/02/06 09:23 節約 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/582-501584d5
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。