FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 昨日の記述の中で、車の維持費用や家電製品の買い換え等については、ある程度具体的な金額の予想が付くように思えたので、仮に計算してみました。

 我が家は先日給湯器が突然壊れ、これで16万という大きな出費を強いられましたが、その時に自分の家の中の電器製品を見回してみて10万を越えるようなものをそれほどないなということにも気がつきました。

 ただ、今住んでいる家は建ててから15年以上が経過していますので、家の購入と共にそろえた様々な電化製品の耐用年数が徐々に近づいているように(すでに過ぎているものもあると思いますが)思います。

 例えば大きなものでは冷蔵顔。これは引っ越したときは古いものを使っていて、その後数年で今のものに代えたので、使用年数は10数年。そろそろ買い換えかもと思っています。調べてみると、それほど大型ものは必要ないので買い換えは5万ぐらいでしょうか。

 洗濯機は、当初二層式の古いタイプでしたが、これも7~8年前に全自動に交換。しかしいずれ、もう1回ぐらい買い換えの必要がありそうなので、これが7万ぐらい。

 テレビは今年遂に液晶の地デジ対応テレビを購入しましたが、これも10年後ぐらいには買い換えだと思います。大きなものを買わなければ3万ぐらい?
 
 最近そろそろ寿命だなと思っているのは電子レンジ。なんだか温まり方が弱くなったような気がします。しかしこれは今は1万ぐらいですね。

 後は季節家電で、大きなものはエアコン。我が家は3台入っています。内2台は建築当初から使っているので、そろそろ交換かなと思っていますが、1台10万とすれば少なくとも20万。

 さらに私が常時使用しているパソコン類。中古で購入することが多いので、大きな額にはなりませんが、買い換えの頻度は3~5年に1回ぐらいですから、そのたびに5万使ったとすると、20年ぐらいで4回買い換え。

 パソコンは常時2台使用していますので、都合8台分の買い換えで、5×8=40万。これ以外にもプリンターやスキャナー、デジカメ、無線機器と周辺機材を考えると、今後はどんなに少なくても50万ぐらいかかりそうです。

 要するにこれからの20~30年で、家電製品の買い換えだけで100万以上かかるということで、これが昨日の記述の根拠になっています。

 明日はリフォーム費用がどのくらいかかるのか、具体的に調べてみようと思います。
関連記事
2012/01/22 10:32 将来設計 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/568-c8fe2894
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。