FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
 あと1年ちょっとで、私は正規の退職年度に達します。その後は年金生活か、もう少し非常勤講師を続けるか、今年の4月以降の健康状態をみながら判断しようと思っています。

 正直なところ、1日3~4時間立ちっぱなしで大声を出しながら頭をフル回転させ授業を行うというのは体力的にかなり消耗し、定年間近では辛いなと最近は良く感じます。

 実際私の場合は60歳からでも年金を少しもらえる最後の年齢なので、これに今現在行っているグーグルアドセンス等の収入を加算すれば、貯金を崩す以外遊ぶ余裕はありませんが、生活だけはなんとか破綻せずにいけそうだなという目処はついています。

 そう考えると、気分的に弱気なときは「もういいか。暮らすだけで充分だろう」と思いますし、気持ちが高揚してやる気に当ているときなどは「いやいや、まだまだ社会との接点を持っていないといけないだろうし、第一少しでも働けばそれだけ生活に余裕が出来るはずだ」と、思い直したりもしています。

 果たしてどうするか、今年1年かけて考えるわけですが、同時に老齢年金の繰り上げ支給をどうするかということも判断しなくてはなりません。

 繰り上げ支給を選択すれば、年金支給額は76歳までは繰り上げの方が得になります。(ただし病気怪我等で入院等をしたとき不利になるそうです)そう思って以前は年金が破綻する可能性も考えて繰り上げを選ぶべきかなと思っていましたが、最近少し考えが変わってきました。

 変わった根拠は、年金の破綻がもし現実になったら、路頭に迷う人が続出して日本は沈没するだろうから、政府としては何としてでも日本国を維持し、破綻をさけるために年金を維持するのではないかと思えるようになってきたからです。

 ここのところそう言ったことを含めて消費増税論議が盛んになっています。税金は少なければ少ないほど良いに決まっていますが、増税に反対する政治家のその後のビジョンが全く見えないので、自分の議席が危ないから反対するという姿勢に見えてしまいます。

 いずれにしても、政治の動きと自分の将来が直結しているということを、一人一人がもっともっと真剣に意識する必要があると思います。
関連記事
2012/01/18 17:22 年金 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/564-852cdd41
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。