FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
 今日の毎日新聞朝刊の11面に「賢い大人の実践マネー」という企画があって、そこで年金受給の繰り上げ・繰り下げ問題が説明されています。

 私自身は本来なら、再来年の3月で定年退職となるはずでした。従ってあと1年ちょっとで、国民年金を繰り上げて受け取ることが出来ます。果たしてそれでいいのか悩んでいます。

 というのも、ただ単純に繰り上げてもらえるというわけではなく、当然ペナルティがいくつかあります。その代表的な物が一ヶ月繰り上げる毎に支給額が0.5%減額されるという物です。

 一ヶ月0.5%ですから1年で0.5×12=6%。5年繰り上げれば30%の減額になるというものです。逆に繰り下げると一ヶ月につき0.7%増えるので、1年なら8.4%、5年なら42%になるということです。

 また繰り上げにした場合のもう一つのペナルティとして、一度繰り上げ請求の手続をすると、その後の取り消しや変更は出来ないということも大きなポイントです。

 さらに65歳前に障害を負ったり、連れ合いが死亡しても、障害年金や寡婦年金をもらえないデメリットもあると書かれています。

 でこの説明を書いた方はファイナンシャルプランナーの井戸美枝さんという若い女性ですが、結論として70歳まで働いたらどうかと提案しています。

 しかしこの方はまだ若い。今現在の60歳前後の体力を失いつつ、毎月のように持病のために病院通いをしなくてはならない初老の気持ちは分からないだろうなと感じました。だから、こんなに気楽に70歳まで働いたらどうかという提案をしているのかなと感じます。

 以上の記事を読んで、結局考えるポイントは、
① 早めにもらえば当面それほど働かずに比較的楽な暮らしが出来るかもしれない。
② 年金財政が危ういので、今後いつ減額や受給開始年齢引き上げになるか分からない以上、早めにもらっておいた方が特だ。
③ 繰り上げにした場合の数々のデメリット。
④ 自分自身の健康状態と寿命について予測?
ということを考えないといけないと感じています。もちろんまで結論は出ていません。 (続きます)
関連記事
2011/12/22 10:06 年金 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/542-f75fb71e
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。