FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
 国を守るという使命を帯び、また東日本大震災や自然災害の時は常に大活躍してくれる自衛隊ですが、その装備にかかる費用はやはり大きいなという印象を持ちます。

 今日の朝刊に次期主力戦闘機に、ステルス性能に優れるF35を選定した、と言う記事が出ています。説明にはステルス機導入は空自の悲願と書かれていて、要するに国防上大きな意味を持つと判断されたのだと思います。

 このあたりの他国との関係は、日本海や東シナ海、北海道の沖合等で今実際どのような駆け引きが行われているのか分かりませんので、必要だと言われればそんなもんかなという気もします。

 しかしその値段たるや、新聞には1機99億円と書かれています。そして12年度予算に4機分のの取得経費を計上すると聞いては、そんな高額な物をポンと買えるような財政状態なのかなと思えます。

 しかも最終的にはこれを42機取得するそうですから、単純計算で4200億円。また維持費も含めると20年間で1.6兆円かかると書いてあります。
 
 こんな話しを聞くと、これだけの支出が出来る余裕があるなら、何も消費税や所得税を上げなくても良いのではとおもえてしまいます。

 逆に消費税や所得税を上げないと財政が破綻するというならば、とても新しい戦闘機など買っている余裕はないのではとも思えます。

 片方で金がないから税金、片方で必要だから支出、というのが財政運用の基本だと思いますが、一人一人の生活を大事にしよう、というのが民主党の政治姿勢なら、そのお金を震災復興費用や、放射線機器の購入費用、さらには雇用促進や医療費補助等に使ってはいけないのかなと思ってしまいます。

 もっとも国を守れなくて、福祉もへったくれもないだろう、と言われれば反論できないところが辛いところです。
関連記事
2011/12/21 14:45 政治 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/541-047744a3
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。