FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
 ちょっと宣伝です。昨日もブログはあまり性に合わないと書きましたが、過去の記事を読み返し、今現在アドセンス関係の内容は「父子家庭で早期退職をしたおじさんがグーグルアドセンスで収入を得る話」というサイトを作ってまとめ直しています。(長ったらしい名前ですいません)

 また最近になってカスタムチャネルの見直し作業が終わったので、このブログに書いている、いわゆる早期退職者の生活関係について「父子家庭、早期退職者の生活設計」というサイトを新たに作りまとめ直しています。

 まだ作成中なので、あちこち穴だらけですが、基本的にはこのブログに書いた過去記事を元に書き直しています。ここのところ、このサイトにかなり注力していますので、暇なとき覗いていだければと思います。

 それから補足です。一昨日第521回の記事で所得税の税率について書き、所得の境界に位置する人は、収入が逆転するというような趣旨のことを書きましたが、実際には軽減処置があるということを読者の方から教えていただきました。ありがとうございます。お礼と共に訂正させていただきます。

 さて、今日の毎日新聞4面に与謝野市が「税と社会保障の一体改革」について、自らの考えを述べています。

 それによれば、要するに国会は国民への負担増が絡むとすぐに逃げ出す、ということです。誰だって相手に痛みを与えるようなことをするのは嫌な物です。ましてや痛みを与えて、その結果選挙戦で自ら負けそうなら、その話題には触れたくないということなのかもしれません。

 しかしそういった、配慮をすればするほど一般の国民からは弱腰と批判され、信頼を失うと言うことがどうして分からないんだろうかと思います。

 結局「増税の前にやるべき事がある」というもっともらしい理屈を述べ立てられ、じゃあもう少しきちんと検討してから出直します、というようなことを、もう何十年も続けているような気がします。

 与謝野さんが語っているように、今や順番もへったくれもないと思います。つまりやれることをどんどんやる、というのが基本姿勢だと思います。私は別に消費税アップを願っているわけではありませんが、そうしないと社会保障制度が破綻すると言われれば、単純にそれなら上げざるを得ないなと思います。

 一方国会議員の定数も削減し(特に下らないヤジを飛ばしているような議員は、議長がレッドカードを出して、議員の資格を剥奪しても良いのではと思っています)政党助成金もなくす。

 パーティーを開いて20000円の会費で2000円の料理を出す、なんて言うぼったくりまがいの事もすべてやめて、議員はボランテイアで行う、というぐらいの気持ちがないと駄目だと思っています。
関連記事
2011/12/18 11:46 税金 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/537-13a71b24
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。