FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 一川防衛大臣と山岡国家公安委員長の問責決議が可決。私自身が60歳近くになり、徐々に政治家の皆さんの年齢の平均値に近づいたせいか、政治家もそこら辺で散歩をしている私のようなおじさんとなんら変わらない人たちが偉そうに政治を語っているんだなということがよく分かってきました。

 しかし、私は教員ですが、人事異動で来年からは違う学校で、この科目を教えてください、と言われれば、その年度は、その学校の生徒のレベルを把握すると共に、新しく配られた教科書を見ながら、どのような教え方がよいか必死に考え勉強します。

 それが教員としての最低限の仕事で、仕事に責任を持つと言うことだと思っています。しかしこういった庶民のプロ意識と政治家のプロ意識とはだいぶ異なるようで、有権者から支持を得ただけで、その後何も勉強していない政治家が多すぎるように思います。

 一川さんの例などはその最たるもので、呆れたとしか言いようがありません。この人は沖縄問題をどのくらい勉強しているのでしょうか。しかしきっと他の人はもっと勉強していないんでしょうね。だから問責決議が可決されても変えることが出来ない

 まあそこら辺のおじさんおばさんに政治を任せている依存心の強い国民性が、このような政治家を多数選んでしまっているという反省を我々もしなくてはいけないのだと思いますが、少なくとも選ばれたからにはもう少し責任の感じられる言動をしてもらいたいものです。

 教員は、生徒から授業について質問されたら、必死に答えます。どうしても分かってもらえなかったら、次の時間までになんとか違う角度から説明をしようと努力します。

 「分かりません」「反省してます」では生徒からの信頼を失います。政治家は寝る間を惜しんで票読みしているのかもしれませんが、それより担当した分野をもっと勉強してもらいたいと思います。自信がなければ、閣僚に選ばれるとき遠慮すべきです。 
関連記事
2011/12/10 12:22 政治 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/529-c1acb8da
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。