FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
 早期退職をして基本的に満足した生活を送っていますが、「何だか寂しいな」と思ったことが一つあります。それが「期末勤勉手当」すなわちボーナスですね。

 以前は半年ごとに来るこのボーナスが、住宅ローンの繰り上げ返済原資になり、夏休みに遊びに行くハワイ旅行の費用となっていました。やはり何十万というお金がどんと振り込まれるのは大きいです。

 現状は確かに住宅ローンは完済し、日々のお金さえあれば何とか生活していけるという見通しは付いていますが、まとまったお金がドンと支給される快感は、無くなってみると得難いものだったんだなと感じています。

 12月に入りボーナス時期が近づいています。皆さん使い道をあれこれ考えているのではないでしょうか。私は若いときから体が弱く、もしかしたら早期退職をするかも、なんてことも考えていたので、少しでも増やす方法はないかなとよく考えていました。

 今振り返ってみて一番正解だったなと思うのは財形貯蓄。550万円まで無税で貯蓄できるという制度は大きいです。私の将来の年金プランのプラスアルファ要素になっています。

 500万円貯まっていれば、年間50万ずつ使って10年、65歳からもらえば75歳まで月4万円が基本の年金に加算されるわけですから大きいです。もちろん当時はそんな計算はしたこともなく、単純に無税だから得だろうと考えて積み立てていました。

 次に振り返ってみて大きかったなと思うのは住宅ローンの繰り上げ返済。巷では利率が低いから繰り上げが得だとか、利率が高いから有利だとか、相反するような言葉がマネー雑誌に飛び交っていました。

 私はなんだかんだ言っても、退職時にローン残額が多かったら、少ない退職金がますます減るのでそれは嫌だなと思い、少しまとまったお金が出来るとすぐに繰り上げ返済に回していました。

 私の住宅ローンは職場から借りたものも含まれていて、これは銀行と違って10万円ぐらいの少額でも繰り上げ返済が出来たのが大きいかもしれません。銀行の場合は100万単位で、さらに高額の手数料もふんだくるという制度になっていて、借りては見たものの最後まで不愉快でした。

 結果的に退職時のローン残債は300万程度になっていましたので、退職金も何とかもらえたというのが実態です。
関連記事
2011/12/08 10:32 貯蓄 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/527-9231cb5e
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。