FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 大阪の選挙で橋本さんが圧勝という記事が新聞を賑わしています。私は埼玉なので、直接関係はありませんが、大阪の方たちがどのような選択をするのかについては興味がありました。

 先ず投票率が上がったようで、これは良いことだと思います。最近は公約と言いながら、当たり前のことしか言わず、選挙が終わればすぐに修正、というような選挙の時だけの口約束である候補者が多いので、選ぶ側としては、正直なところ「誰でも良い」「誰がやっても変わらない」という印象が強くなっていると思います。

 その結果が投票率の低下で、現職有利の選挙になっています。今回の橋本さんの動きは、このような既存の選挙の考え方にも、少しだけ波紋を広げ、投票率アップに役立ったのかなと思います。

 しかし私の地元でもやがて選挙が行われる筈ですが、ここのところの低投票率は目を覆うばかりです。投票率50%以下は選挙無効とか候補者全員落選、と言う制度があっても良いような気もします。

 また立候補するのに供託金を納めなくてはいけない、などと金持ちしか立候補できない仕組みをやめて、誰もが気軽に立候補して、やりたい人はどんどん街頭演説やネットで支持を呼びかけるような選挙にしないと、今後も投票率はじり貧だと思います。

 それにしても橋本さんの動きは、かつての小泉純一郎元首相の口調によく似ています。小泉さんの場合は郵政改革でしたが、「ともかく何かをやるんだ」という決意や意欲を感じた人が多かったのかもしれません。

 またその目的のためには、既存の制度を変えていくこともあり得る、と言う論調に、日本の今後を危惧している人たちが共感したんだと思います。さてこれからどうなるか。ちょっと注目です。
関連記事
2011/11/28 08:46 政治 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/517-a662a9a7
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。