FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
 早期退職後の収支を見ていると、月々の家計費は息子の教育費を含めて17万前後で収まっています。これに国民年金保険料や国民健康保険、固定資産税等の税金や保険料を加えていくと、年間で50万円ぐらいのプラスになります。従って現状の生活を維持するためには、年250万円ぐらいの収入が必要です。

 息子が働くようになると、教育費や通学費等が不要になりますから月々の家計費は12万円ぐらいに減るだろうと予想してます。そうすると年間の支出は200万円弱と言うことになります。

 何を言いたいのかというと、消費税が10%になったらどうなるんだろうか?ということを気にしています。ちょうど息子の教育費が不要になる頃消費税が上がっているような流れになっているようなので、例えば家計費が150万だとすると、その中の消費税は7万円ぐらいになります。

 つまり実際の消費価格は143万円だったと言うことです。これが10%になると、さらに7万円ぐらい税金が増えるわけですから、実際に消費できる金額は136万円に減ります。

 正直なところ、家計をきちんと見直さないと死活問題になるかもしれないなという危惧を抱き始めました。月々に直すと、これまでは12万で生活できたのに、11.3万しか使えないことになります。

 たった7千円ですが、生活水準を維持しようとすれば、年金は限られていますから、生活費を切りつめるしかありません。しかし例えば光熱費を除いて切りつめるとすると、食費や雑費で7000円の削減となりますから、厳しいなあと思えます。

 政府は消費税額を上げたら、高額所得者の所得税の見直しにも着手するようですが、だいたいお金をたくさん持っている人が権力を持っていますから、所得税は骨抜き、消費税だけがアップと言うことにもなりかねず、どうも先行きが暗く見えてしょうがないです。
関連記事
2011/11/23 09:20 税金 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/512-309a9252
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。