FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
 昨日は、TPPに参加するかどうかで国会論議が行われていました。実はこの話題の行方を私も気にしていたのですが、正直なところ内容がよく分からず、コメントをするのを控えていました。

 そうやって新聞記事やテレビのニュースを見ていると、実は大半の方がよく分かっていないということが分かってきて、「なんだ、俺だけじゃなかったんだ」という若干の安心感と共にこれを書く気になりました。

 TPPに参加するという方針を打ち出したのは、たしか菅政権だったかと思うのですが、その時はこれほど注目を浴びていなかったような気がします。それはたぶん国会議員さん自体も、内容がよく分からなかったからではないかと思われます。

 それがここに来て、協議参加の是非ということでにわかに脚光を浴びるようになったわけで、個人的にはかなり拙速ではないかとも思えるのですが、それはAPECの開催日程に合わせるためしょうがないと言われれば、そんなもんかなとも思います。

 しかし国会の論調では参加イコール協定批准というような図式でとらえられているようにも思い(実際そうなのかもしれませんが)、協議に参加しても条件が合わなければ協定は結ばないと考えれば良いと思うのですが、どうもこのあたりの経緯が国会議員さんのやりとりを聞いていても噛み合っていないように思えます。

 今日の毎日新聞には参加した場合のメリットデメリットが一覧表で示され、これで反対する方の理由が少し分かったような気がします。特に日本の第一次産業に与える打撃が大きいように感じました。

 一方で経済界は歓迎するようですが、これは要するに輸出が伸びるという思惑があるからだと思います。

 老人大国の日本の将来をどのように導くのか。大変難しい問題である上に、経済疲弊、農業衰退、非正規雇用者増加、年金崩壊、生活保護増加、医療費・介護費増加さらに欧州の経済悪化、国の借金増加、円高、原発事故と次々と難題が降りかかっている状況の中で何が正しいのか。

 国全体がどのような方向に向かえばいいのか。根幹の議論がないままに、周囲の環境に流されつつあるなあというのが率直な印象です。

 それでも新聞で報道されるギリシャやイタリアの国民性に較べると、日本人は優秀だし真面目だなと感じます。だからこそ国として持ちこたえているとも言えそうです。
関連記事
2011/11/12 08:39 政治 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/501-d24b238c
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。