FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
 年金問題が少しずつ意識されてきて、老いつつある私のような人間は、どうやったら少しでも多くもらえるのかと考え、若い方たちは、いったい自分はいくらもらえるのか、いっそのこと支払いはやめて自助努力にしようか、と悩んでいるのではないかなと思います。

 今日の毎日新聞では、ギリシャの財政破綻の原因は手厚い年金制度にあると書かれていました。早期退職が50代で認められているため、若くして働かなくても良いということになるようです。

 その意味では、日本人の方が勤勉で、なおかつ60歳以上になってもがんばろう(頑張らざるを得ない)と考える人は大勢いるので、政府は恵まれた環境にあったのだと思います。

 しかしそれをいいことにして、無駄な施設をじゃんじゃん作ったり、職員の福利厚生費用まで年金費用から支出していたのは大問題。この辺の考えは、勤勉な国民をもった施政者の気の緩みというか傲慢さがよく現れています。

 さらに時の政府は、年金財政が危ないということは知っていただろうに、なんら有効な手を打たずに先延ばしにしてここまできてしまいました。

 ちなみに65歳からもらえる老齢基礎年金は、40年ぐらい一生懸命働いて、きちんと保険料を納めていれば、満額で年80万程度。一ヶ月にすれば7万弱です。これで仮に65歳から80歳まで年金を受け取ると、80×15=1200万。

 これに対して年金保険料は月約1.5万。これを40年間積み立てると、1.5×12×40=720万。なんだかずいぶん効率の良い積立にも思えるのですが、結局この効率のよさと少子化が、財政悪化の根本原因になっているような気もします。
関連記事
2011/10/28 20:32 年金 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/485-a419921f
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。