FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
 今朝の新聞1面に、公務員給与7.8%下げ、というショッキングな見出しがでかでかと出ています。私も早期退職する前は地方公務員でしたから、結構この数値はショックです。

 人事院勧告は0.2%下げを決めていて、民間のボーナスは例年並みか、それよりちょっと上、というような報道がありましたから、それに比べると、かなり思い切った数字です。

 この削減された分は東日本大震災の復興財源にも当てられるようですから、使い道さえ間違えなければ、「全体の奉仕者である」という公務員の定義からしてやむを得ないのかもしれません。

 しかし、と当然このような接続詞になるのですが、7.8%は大きいです。年収600万として、税金やら保険やら共済の掛け金やらで、手元に残るのは450万程度でしょうか。

 7.8%減の法案が通れば、さらに50万ぐらい減ることになります。10月の下旬を迎えるこの時期に、年収がいきなり50万も減るといわれたら、これは住宅ローン等の支払いにも影響します。

 中小企業の方からすれば、それでも給与が安定に支給されるだけでもいいじゃないかと言われると思いますが、突然の大きな変更は、やはりショックが大きいです。

 それはそれとして、であるならば、腹いせではないですが、国会議員の数も20%ぐらい減らしたほうが良いように思います。国会で野次を飛ばしているだけの議員に歳費なんか払う必要はないと思っています。

 NHKも国会中継するなら、スポーツ番組のようにカメラを数台用意して、野次を飛ばしている議員、居眠りしている議員、欠席している議員等を克明に画像に映し出して欲しいものです。

 無駄を減らしたいなら足元からです。



関連記事
2011/10/22 08:22 最新ニュース TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/479-f70054b4
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。