FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
 ちょっとアフィリエイトの話から離れます。厚労省が10月11日年金支給年齢引き上げの見直し議論を始めたという衝撃的なニュースが報道されています。

 これまでの予定を引き伸ばし最終的に支給年齢を68歳にするというのが趣旨のようですが、これはとんでもない改悪案ですね。一番ひどいのは年金支給を当てにして生活設計をしていた現在の50歳代の勤労者を直撃するものだからです。

 例えば現在54歳の方は、現状なら厚生年金は63歳から支給されるので、もし定年が60歳なら3年間をなんとか自力でやりくりできればよいと考えていたはずです。

 ところがそれがいきなり65歳に伸びてしまえば、その途中の2年間の生活費をどこから捻出するのかという、生活の危機が訪れます。

 政府やお役所の皆さんは60歳以上の人も充分働けると考えているようですが、55歳以上の職探しはとてつもなく厳しいですし、働けるとはいっても30代、40代の方に比べれば、明らかに体力は落ちています。

 この年代は自分自身の健康も心配になり、さらに自分の親の介護の問題もあります。その時期に、一度決めた約束を反故にして不利な設定をするという無謀な考え方を到底許すことは出来ません。

 役所の都合で、数年毎に生活設計の見直しを余儀なくされたのでは、将来設計もままなりません。なんだか年金制度はどんどん破綻していくようで、私は段々もらえるものはさっさともらっておきたいと思うようになっています。

 老齢年金は私の年齢では本来65歳支給なのですが、繰り上げも出来るので(減額されますが)今どうしようか悩んでいます。しかし早い者勝ちで年金のたくわえを食いつぶすという発想もどうかと思ってはいますが、今後はこのような考え方が増えると思います。

 年金への信頼が崩壊しつつあるようです。


 
関連記事
2011/10/16 09:58 年金 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/472-8a6451ba
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。