FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 昨日授業料の減額を希望していた関係で、申請書類について学校から問い合わせがありました。内容は私と息子の二人の生活で申請が行われているが、私の連れに収入はないのかというものでした。

 住民票も一緒につけているので、母親がいない(2年前に病死)ことは分かり切っていると思っていたのですが、私のあまりの収入の少なさにびっくりして、これはもしかしたら他から収入があるのではという疑問を持ったのかもしれません。

 現状は貯金を取り崩す毎日ですから、その心配は当然ですが、もとより預貯金の減額は覚悟の上です。なんとか年金をもらえるまでしのいで、後は年金+アフィリエイトによる収入でなんとか生活していこう、と考えています。

 一方そんな厳しい生活の中で、一昨日国民健康保険の保険料徴収のお知らせが来ました。昨年の年収が100万ちょっとであったにも関わらず、それが算出基準となり、息子と二人分の医療保険が年間で14万弱、後期高齢者支援金が3万弱、そして介護納付金が3万弱となり合計約19万。

 病気になったとき保険がきくのはありがたいことですが、そのためにかなりの保険料をあらかじめ支払っていることになります。ちなみに私の昨年の医療費は5万ぐらいでしたから、3割負担として保険料は12万ぐらい支払われていることになります。

 と言うことは若干損している?ということです。一方100万ちょっとの収入で19万払ったら、残りは80~90万。さらに固定資産税やら車の税金、保険料と考えていくと、実際の生活費は60万ぐらいになってしまいます。早期退職は、精神的には気楽ですが、財政的には楽ではありません。
関連記事
2011/07/15 09:31 保険 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/388-d0eb8bb5
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。