FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
 ジャンルはアフィリエイトで固定化されてしまいましたが、それにとらわれずに、もうしばらくいろいろ思いついたことを書き続けようと思います。

 昨日の続きです。国民年金は、きちんと25年間保険料を納め続ければ、71歳まで生きていれば保険料の元が取れるということが分かりました。にも関わらず、なぜ納付率が低いのか。この点について、8日の毎日新聞朝刊9面に分かりやすい説明がありました。

 それによると30代のフリーターさんの考えでは、フリーターという職業の性質上、30年40年先まで見通しが持てないということのようです。また果たして70歳まで生きていられるかという不安もネックになっているようです。

 一方65歳以上で働き口がない人が生活保護申請をすると、最低で月7万円以上もらえ、家賃補助があり医療費は無料だそうです。つまり生きていく上の最低限の生活が保障されているわけです。

 一方国民年金は満額で6万5千円で家賃も医療費も自己負担です。ということは、働きながらひたすら保険料を納めた方が、フリーターで生活保護申請をした方より、もらえるお金は少ないということになります。

 こうゆう事が明らかになればなるほど、納付率は今後も下がっていくのだと思います。後は生活保護という生活環境を自分自身のプライドが許せるかどうかですが、30代でも就職口がなかなか確保できなければ、プライド云々などという言葉はまったく関係がないと一蹴されてしまうのだと思います。
関連記事
2011/07/10 11:14 年金 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/382-9c4cc8ab
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。