fc2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
  ここ数日埼玉は強烈な寒波に晒されています。我が家の狭い庭にも、朝起きて雨戸を開けると霜柱が立っているのが見えました。外気温はたぶん0℃前後だと思われます。

 6時に起きて、先ずは寝室を煖房で温め、室温が10数℃になったところで上掛けをはいでベッド上でストレッチを10分ほど。終了して暖房のスイッチを切ると、寒さが一気に押し寄せてくる感じ。

 階下のリビングに降りて、こちらでも暖房を入れ、とりあえず洗顔。着替えを持ってリビングに戻りましたが、室温は7℃ぐらい。かなり寒い。

 「こんな寒さだと、着替え中に急に血圧が上がって脳卒中になるかも」と思いながら、慎重に着替え。朝食はご飯。おかずは昨晩作ったすき焼きの余り。

 今回はちょっと奮発して、黒毛和牛の肉をたっぷり入れました。(といっても300gぐらいですが)ビタミン菜と水菜の味噌汁を飲んで、息子の出勤を見送り、今日はビニール関連ゴミの日なので、ゴミをまとめて集積場へ。

 しかし外は寒い。車のフロントガラスも真っ白になっています。幸いに空は快晴で、太陽が当たっている場所は、風もないのでそこそこ暖かい感じ。

 戻って、いつものように旅行関連ブログの更新作業。10時過ぎに一段落したので実家へ。母親の体調は、どうやら回復したみたい。ちょっと安心して市民農園へ。

 といっても畑にも霜が降りて、地面はぐちゃぐちゃになっていたので、特に農作業はなし。農園周辺を大きく回って散歩を1時間ぐらい。

 そこから、母親に頼まれていた薬の処方箋をもらいに診療所へ。すぐに処方箋をもらって帰宅。すぐ近くにある薬局で調剤を依頼。歩いて行けるので助かります。

 戻って昼食はラーメン。スーパーでラーメン用のだしとメンマを買ってありました。食べ終わって、向かったのがハードオフ。最近断捨離を目指してメルカリで楽譜を売っているのですが、それ以外に気になっていたのが以前買った液晶テレビ。

 新しく大きめの液晶テレビを買ったので無用となりました。ただ何となく「もったいない」という気持ちがあって、リビングの片隅に放置していました。

 ハードオフに行き査定をしてもらったところ1500円という結果でした。購入時は3万円以上したような気もするのですが、買ってから10年ぐらい経過しているので、やむを得ないなと判断しました。

 メルカリで売ればもう少し高く売れるのではという気もしたのですが、テレビ用の段ボールを用意したり、送料を負担したりすることになるので、まあしょうがないですね。

 その分リビングの一角がすっきりしました。明日は、今度は大型ごみの搬出をしようかと思っています。具体的には古い自転車、使わなくなった布団、壊れた掃除機といったものです。

 捨てるたびに、小さな家の内部空間が広がるようで、これもちょっとした楽しみになっています。

関連記事
2021/12/20 16:11 老後 TB(0) CM(2)
コメント
高齢者がこれから受け入れること
新型コロナが問題になった当初、感染研究者が元の生活に戻るには5、6年かかると予想していましたが正しくそれが現実になりそうです。変異種ウィルスが出てくるたびに対策を立てていかなければならないので終りのない戦いみたいなものです。
加えて、これから高齢者が受け入れていかなければならないことが出てきますね。車の運転、単独の旅行(特に海外旅行)などがあげられるでしょう。車の運転についてはどこに住んでいるかによるでしょうが、事故を起こす前にいつ免許を返納するのかも決断しなければなりませんね。旅行については私も平気で海外旅行出かけていましたが、高齢になると色々リスクが現実的になります。もちろん若いときにも同じリスクはあったのですが・・・。とにかく、異国の地で軽い風邪程度なら良いのでしょうが、現在は新型コロナウィルスもあり、その他現地入院になるような重い体の症状が出た場合一人では対処できないことがおおいです。旅行保険等の現地スタッフにも限界があります。そうなると、家族の力が必要になります。それを考えると、旅行も安易に行けなくなります。複数人で行くか、団体旅行で行く必要が出てきます。もう昔のように無防備に旅行にも行けない時代となっています。
 こんなに進歩した医学の力をしても、新しいウィルスに対応できるまで長い時間が必要になるわけで、いつまでこの息苦しい生活が続くのかと思うと気が重くなりますね。
2021/12/22 13:58 通行人 URL [ 編集 ]
Re: 高齢者がこれから受け入れること
通行人さん、、こんにちは。コメントありがとうございます。

 おっしゃる通りですね。来年私は60代最後の年齢を迎えますが、このところ
体力が日々落ちているような気がしています。筋肉は90歳でも鍛えられる
というようなテレビコマーシャルを見て、いつも歩いている距離を5000歩から
8000歩程度に増やしたところ、その効果はあるようで、やっぱり体力低下は
運動不足だったんだと認識を新たにしています。

 しかしコロナの感染拡大は必然的に日常生活の動きを制限し、旅行にも
行かなくなっていますので、高齢者の体力はますます落ちていきそうです。

 しかも私の感覚では、日本はいよいよ第6次の感染拡大が始まったという
印象を持っています。

 ということはこの感染が拡大する時期はこれまでのグラフを見る一か月半ぐらい。
その後一か月で収束ということを繰り返しているように見えるので、ピークは
1月下旬。そして3月に入ってようやく落ち着くということになりそうです。

 その間日本は厳寒期ですから、やはり出歩けず運動不足になることは
間違いなさそう。すでに運動不足に陥っている高齢者も多いということなので
脳卒中等の脳疾患が増えるのではという危惧もあります。

 何とか冬を乗り越え、春になって暖かい時期を無事迎えることが出来るように
祈るような気持ちです。
2021/12/22 15:35 hoku URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/3297-83a48798
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。