FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
 6時半に起きました。朝から良い天気。朝食はパン。おかずは昨晩作ったのカレーの余り。食べ終わって、先ずは洗濯。さらに各種ブログの更新作業。

 11時ごろ作業が一段落。というわけで、実家へ。母親の体調は良さそう。安心して、市民農園へ。最初に農園周辺を1時間弱ウォーキング。その後自分の畑に戻って、ブロッコリーを収穫。さらにサニーレタスも収穫。
 
 いったん家に戻って昼食もカレー。ただし主食はご飯。食後、自宅近くの河川敷を40分程ウォーキング。戻って、今度は昼寝。さらにフルートの練習。5時半からは夕食準備。

 さて5月に入りましたので、恒例の家計簿の集計を行いました。4月は食材費を少し意識したので、4..3万円の支出でした。また外食費、衣料品代は0円。

 一方4月は市民農園の利用料1.2万円の他に、定番野菜の苗やビニールシートの購入費用5千円も必要となりました。交通費は8千円ぐらい、光熱費は1.7万ぐらい。通信費が1.3万ぐらい。

 問題は医療費。4月半ばに突然血圧が高くなって、検査等を行ったりしたため。今月の医療費は1.7万ぐらいかかってしまいました。普段は3千円程度です。

 幸いに降圧剤を増やしたとにより、血圧そのものを落ち着いています。ただなぜ突然上がったのかということが不明なので、ちょっと不安に感じる部分もあります。

 というわけで、以上の合計が11.5万ぐらい。かなり少ない。

 一方、総務省のページで、二人以上の高齢者世帯の家計費を調べてみると、食費6.9万。住居費1.8万、光熱費2.3万。日用品、家具等の雑費1万。衣料品1.2万。保健医療1.3万。交通・通信4.1万。教育1.2万。教養娯楽2.9万。その他雑務費や交際費6.3万となっているみたい。

 合計が29万。かなり大きな額。特に後半の教養娯楽、交際費あたりは、なんとなく曖昧な項目になっているような気もします。

 しかし、もしこの金額が本当なら、到底年金だけで暮らしていけるわけがないようにも思います。仮に年金が22万ぐらいなら、毎月足りなくなるのは7万円。

 1年間なら84万。この生活が20年間続けば1680万円たりなくなる。30年間続けば2520万という計算になります。つまり65歳になった時、貯金が2520万円確保できていないと生活が破綻するということになります。

 まあ高齢になれば、60代、70代の頃よりも活発な活動でできなくなる可能性もありますが、その分逆に医療費がかかることも考えられます。

 と言ったことを考えると、迂闊に浪費は出来ないなと感じます。とはいえ、生活するだけという、生きる目的も感じないような生活も悲しい。

 総務省のリンク先ページには、高齢者が関心を持っていることもまとめられています。パック旅行、園芸品、スポーツクラブ、健康保持関連と言ったことがあるみたい。
 
 個人的にはやっぱり旅行だよなあという気もしますが、もしばらく旅行は楽しめない気もします。

関連記事
2021/05/03 21:10 家計簿 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/3215-1aa412c8
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。