FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
 今日の毎日新聞朝刊に新潟水俣病の未認定患者さんたちと昭和電工側が和解した記事が出ています。1963年に確認された四大公害病の一つですが、高校の教科書にも出ていると思います。

 詳しい経緯は分かりませんが、要するに有機水銀の入った汚染水を垂れ流し、川で取れた魚介類を食べた住民が有機水銀中毒になったというものですが、このときは昭和電工側が自らの非をなかなか認めず、大きな裁判となりました。

 この手の公害病に共通していたのは、汚染物質を流しても「安全だ」とする企業や政府側の強硬な発表と、まさか大企業がそんな汚染水を流すわけがないと信じて、魚介類を食べていた住民との意識の大きなズレが原因になっています。

 すでにお気づきの方もいると思いますが、今回の原発事故も似たような部分があるのかなと思います。放射性物質のたれ流しが住民の安全を脅かすことは明らかであるのに、「ただちに危険はない」とひたすら呼びかけ、復興のための被災地支援で、安全宣言の出た被災地の農産物や魚介類を食べましょう、というキャンペーンが行わています。

 原発近郊の小中学校でも、政府や東電は「これこれの数値以下は安全である」と高らかに宣言し、子供たちの被ばくを許容する立場になっています。

 人に対して低濃度放射線の影響が現れるのは5年後以降だと思います。もちろん影響は出ないかもしれません。しかし万が一何らかの兆候が見られたとき、「あの時は識者の意見に従って安全宣言をした」という言い訳が政府関係者や東電から出ないことを祈っています。

関連記事
2011/05/09 08:28 政治 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/318-c002d238
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。