FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
 朝方冷えたのか、トイレに行きたくなり6時ごろ目が覚めてしまいました。というわけで、暖房を入れて早い時間からストレッチ開始。

 朝食はパン。おかずは昨晩作ったほうれん草と卵の炒め物や、賞味期限が近づいたメザシ。食後に甘夏を半分。息子の出勤を見送って、各種ブログの更新作業開始。

 11時ごろ一段落したので実家へ。母親は医者から処方されたむかつきを止める薬を飲んだら楽になったと言っていましたが、ふらつきはあるみたい。

 多分足の捻挫で動かなくなったことによって、運動神経系に影響が出たのではと思っています。もしかすると寒いせいで、脳への血流が十分でないのかも。

 しかし「何となく不調」という症状は厄介ですね。本当に不調が起きているのか、不定愁訴という病名のついた心理的要因で起きる諸症状の一つなのかよく分かりません。

 ちなみに今回新型コロナの感染拡大で、症状がおさまって無事退院した人の半数に様々な後遺障害が生じているみたい。最近になってようやくマスコミもこうった症状を取り上げるようになりました。 

 人に寄るようですが、老若男女を問わず、様々な症状が数か月から1年近く続くみたいです。原因は不明とされているようですが、やはりコロナウイルスが不調が起きた部分の神経系を痛めつけた結果なのかなと思っています。

 なお私はコロナとは関係ありませんが、5年ほど前にクモ膜下出血を発症し、なんとか生還し、数か月リハビリ病院で様々な後遺障害を感じながら過ごしました。

 当時は、やはり味覚障害があり、最初に気がついのは、水がやけにしょっぱく感じられたことでした。その後その症状は一か月程度で解消しましたが、5年後の今も常時感じているのが体のふらつきや指先や舌の運動機能の障害。

 フルートの演奏がリハビリになると思っていますが、大きく影響を受けているのが字を書くこと。漢字を書こうとすると、指が勝手に動く感じ。実に不愉快です。

 またろれつの回りにくさも続いています。そう考えると、コロナの後遺症も、脳の神経系に影響が及んでいれば、場合によっては数年間続くのではと思えます。

 というわけで、母親の健康状態を確認して、ついでにスーパーへ。二日分の食材を買って2800円ぐらい。帰宅して昼食はスーパーで買ってきたパスタ弁当。

 食後は天気もいいので歩くぞと思っていたのですが、玄関先に出たら思いのほか強い風が吹いていて寒い。その後この風は2時ぐらいにさらに強くなり、どうやら春一番になったみたいです。

 3時からはフルートの練習。今日も割と調子が良かったです。

関連記事
2021/02/04 19:50 新型コロナウイルス TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/3153-1e7563e1
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。